無料セックス動画

無料セックス動画は、X-VIDEOS,FC2動画など、厳選した最高にエッチな美女たちのセックス動画を無料ですべてご覧いただけます。

SEXと6の関係性について驚きの事実が判明!!

数字の6にはSEXと深い関わりがある

SEXと数字の関わりなんてあるわけがないと考えていないでしょうか?
今後あなたに訪れるかもしれない充実したSEXライフに大きな影響を与えますよ。
この深い関わりを理解していなかったことによって人生が大きく変わった人もいらっしゃるのです。

数字の「6」を意識して行動するべき

もしSEXを行う機会があった場合、ただ単に性行為に及ぶのではなく、SEXに関連する「数字」を意識するべきです。普段の何気ない行動にも数字に関連することが大きく関わっているため、正しく理解することが重要だと考えます。この関連性を理解することによって、あなたに起こる身の危険や不幸な出来事を回避できるかもしれません。

私がこの「SEX」と「シックス」の関係性に気付けたのは偶然のことで、この場をお借りして皆さんにお伝えできることを大変嬉しく思っています。
では、この「数字」によって人生が大きく変わった人の事例などを交えてご紹介しましょう。

目次

➀ SEXのしすぎで懲役6ヶ月の判決を下された男
 -1 ついに逮捕された男
 -2 判決は日本では考えられないようなものでした
 -3 シックスが関わっている事に気づきましたか?
➁ SEX時に6ピストンで射精した男
 -1 初めての彼女との行為
 -2 運命の6ピストン
➂ SEXで6回気絶した男
 -1 ここから問題が始まる
 -2 最後の問題
➃ SEXで6連続で妊娠させた男
 -1 一夜で6人と性行為
 -2 懲りない男の末路
まとめ:SEXとシックスの因果関係について

SEXのしすぎで懲役6ヶ月の判決を下された男

2014年の4月頃にとあるイタリアの街でSEXのしすぎによってある不幸な出来事が起こりました。
主となる男性は大のSEX好きでほぼ毎日恋人とのSEXに明け暮れていて、ご飯を食べ終えたらSEX、お風呂に入るときもSEX、就寝前にも必ずセックスと他にもありますが1日に6回のペースでSEXを行っており、恋人がいない男性にとっては羨ましい限りの生活で人生を謳歌していました。

外人SEX画像

しかし、この充実したSEXライフも終止符が打たれる日がこく一刻と近づいていることは知る由もなかったであろう。ある日恋人といつものようにSEXを行っていたところ、家のチャイムが鳴り出てみると隣人の男性が立っていました。隣人の男性は彼女の喘ぎ声がうるさいので、性行為を行うならもう少し静かにできないかと注意したんです。

ですが注意を受けた男性は一旦その場は受け入れるも、いつもと変わらない1日に6回ずつのペースで自分の絶妙なテクニックで彼女を喘ぎさせ続け、全く改善する傾向が見受けられなかったそうです。この行為が1ヶ月程続いたとき、とうとう隣人男性の堪忍袋の緒が切れました。

問題の男性の家へ出来向き、お前らのSEXによる騒音のせいで病気になってしまった訴えてやるから覚悟しとけと罵声を浴びせました。
しかし、問題を起こした張本人は全く反省しておらず、何で気持ちよくSEXしているだけなのに訴えられなけれいけないのか理解できないままでいました。

隣人の男性はこの時は実際に訴える気はなく、脅しで改善されるのではないかと思い立って問題の男性へ言ったのですが、この日もまた次の日も1日に6回のペースで喘ぎ声による騒音が鳴り響いていたそうです。
もう本人と話しても解決される見込みはないと判断し、訴えることを決意しました。

ついに逮捕された男

暫く経った頃に問題の男性宅のチャイムがなり、男は手錠をかけられ逮捕されました。
SEXを楽しんでいただけなのに何故捕まらなければいけないのか、問題を起こした男性は相当憤りを感じていたそうです。そしていよいよ裁判が始まり、訴えた男性の他にも日々のSEXによる騒音被害を受けた近隣住民も集まりました。

問題を起こした男性の弁護としては自分のテクニックが凄すぎるため、どんな女性であってもSEXの時には、喘ぎ声がでてしまうのは仕方がないことだとのこと。純粋に男性の本能に従ってSEXを行っていただけなのになんで罪にならないといけないんだと逆に訴える姿勢をだしたそうです。

訴えた側としてはSEXをやるのは別に構わないが、何時間もぶっ続けでやるのが問題でペースを1日6回ではなく1日1回か2回に留まらせてくれればよかったと答えました。

判決は日本では考えられないようなものでした

双方の訴えが飛び交う中、裁判所は以外な判決を言い渡しました。

「SEXが上手すぎるから懲役6ヶ月の刑に処す」

はい、日本だったらこんな判決を出したら即問題になりそうですが、イタリアの裁判所は真剣にこの判決を下したそうです。SEXが上手すぎるから実刑判決とか今まできいたことのない罪状ですが、この判決結果が話題となりイタリア国内でニュースやメディアに大きく取り上げられました。

SEXが上手すぎただけで半年ものあいだ収監されるとなるとたまったもんじゃありませんよね。
そもそも訴えた原因はそこではなく、彼女の喘ぎ声の騒音によるものなのでどちらかというと彼女の方に罪があるように考えるのではないでしょうか。

まあ根本的な原因は男性のテクニックにより発生した騒音なので、一概に彼女のみ悪いとは言えませんが男性一人にのみ罪をきさせるのは可哀想です。結局判決は覆されず、男性は6ヶ月もの間収監されることが4月26日に決定しました。納得のいかない男性は上告したそうですが却下されてたそうです。

シックスが関わっている事に気づきましたか?

さて、約半年前に起きたこの事件をご紹介させていただきましたが、ここまで読んでいただいた方はある数字が関わっていることにお気づきになったと思います。冒頭でお伝えしたようにシックス(6)が関わっているのです。

問題をおこした男性のSEXのペースは一日6回、人数は記載しませんでしたが訴えを起こした近隣住民の数は6人、判決の結果は懲役6ヶ月と全て数字の「6」が関わっているのです。今回記事を書かせていただいた内容も約半年までの話で数字の「6」が関わってはいますが、これは単なる偶然です。いや、もしかしたら偶然ではなく必然的だったのかもしれませんね。

この問題を起こした男性は自分の欲求を優先しなければこういう結果は回避できたかもしれません。1日に6回のペースではなく1つか2つでも回数を減らしてさえいれば訴えられることも収監されることも無かったかもしれませんね。もしSEXを行う機会がありましたら数字の「6」に気を付けて行動することを心掛けるようにしてください。

SEX時に6ピストンで射精した男

この記事をご覧いただいている皆さんはSEXをしたことのある経験者と未経験者で混在していると考えます。経験者も未経験者も今後のSEXの機会に注意していただく情報としてご一読いただければと思います。

では、ここでご紹介させていただくのはSEX時に6ピストンで絶頂に達してしまった男の話です。
6ピストンというのは女性の股間に男性器を挿し込んだ際に腰をしならせ出し入れする行動のことを指しており、入れて戻るまでの工程が1ピストンとなります。日本で発生したこの事例はあまり表沙汰にはなっていませんが、数字の「6」が関わっていることもあり私の耳に入ってきました。

6ピストンでいくとなると相当な早漏だと思われるかもしれませんが、皆さんにも実はその危険性があるかもしれませんよ。マスターベーションの時に手で男性器をしごきますが、6回しごいた時点が一番気持ちがいいことは普段意識していないので気が付いていなかったと思います。
このシックス(6)という回数が一番重要なことで、普段から意識していないと大変損をしているのです。

初めての彼女との行為

話が少々ズレてしまいましたが、今回の主となる男性は女性の経験がなく、25歳になって初めての彼女ができました。ぶっちゃけ歳は15歳上で全然可愛くない彼女なのですが、身体つきはパーフェクトなので付きあうことにしたそうです。それから付き合って6ヶ月後にいよいよ彼女とのSEXの機会が生まれ、初めてのSEXに興奮を隠せなかったそうです。

ラブホテルに行き、部屋番号のボタンを押してエレベーターで6階の部屋に入りました。
初めてのラブホテルに興奮しながら、いよいよ本番へと開始したのですがお互いに初めてなのでどうすればいいのか迷ったそうです。

ここまではどうでもいい話なのですが、いよいよ挿入へと突入します。

初めてみるオマンコの形に感動しつつもギンギンに勃起した男性器を挿入しました。
腰の動かし方はエロビデオと自宅の布団で勉強していたので自身はあったのでさっそくピストン運動を開始しました。オマンコの中は気持ち良すぎてまるで宇宙のような無重力感を感じていました。

運命の6ピストン

6ピストンに到達した時です。

何か違和感を感じチンコを抜いてみると、彼女の性器から白い液体が流れてきたのです。
まさかこんな早く射精してしまうとは想定しておらず、しかもコンドームを付け忘れた時点で色々アウトです。彼女は平然としていますが、すぐさま精子をふき取りました。

自分の早漏さに怒りを感じながらも中出ししてしまったのにひどく後悔を感じていました。
もし、妊娠でもしていたら、このババアと結婚しなければならないという例えきれない恐怖が襲ったそうです。性欲に溺れる前にこのようなリスクを想定していれば防げたかもしれませんね。
しかもこの時の女性は排卵日だったこともあり排卵日の周期の6日間は妊娠する確率が高いと言われていますので、高確率で妊娠したかもしれませんね。

6ピストンで射精、排卵日の6日間、数字の「6」にはやはり何かしらの力が働いているのだと思います。

SEXで6回気絶した男

SEXを行った時に死を感じた経験のある男性は少ないかと思います。
それは当たり前なのだが、ここでご紹介させていただく話はある男性がSEXによって6回生死をさまよった話です。何故そんな危険が及ぶのか想像ができないであろうが、誰にだってこの危険性は存在するのだ。

皆さんは「SEX依存症」という言葉をきいたことはあるだろうか?
プロゴルファーのタイガーウッズ選手もそうであったように、常にSEXのことしか考えられずSEXをしないと落ち着かない精神状態になるのだ。

主となる男性は20代後半でこのSEX依存症を患っていました。
幸いなことに彼女はいなかったので恋人問題を起こすことはないのですが、毎日のように風俗に通っていました。毎日となると毎月50万以上のお金が必要となりますが、20代前半に貯めたお金があるので2年ぐらいは連続で通えるぐらい蓄えていたそうです。

ここから問題が始まる

そんな風俗が通いで一つ目の問題が発生しました。
風俗嬢とのSEX中に嬢のオマンコが膣痙攣を起こしてしまったのだ。
膣痙攣を起こすと女性の意識とは関係なく膣の中は凄い力で圧迫され酷い時には男性器を完全に潰します。

この時は潰される一歩手前までいき、あまりにも激痛で失神してしまったそうです。
起きた時には病院内にいて、男性器が包帯でぐるぐる巻きにされておりお医者さんに話しを聞いてみると海綿体が折れてひん曲がっていたので強制的に固定しているとの返答があったそうです。膣痙攣・・恐ろしいですね。

2つ目の問題ですが、風俗嬢にフェラチオをしてもらった時だ。いつもしてもらっているバキュームフェラで楽しんでいたのですが震度4ぐらいでしょうか地震が発生したのです。
驚いた嬢は何を思ったのか思いっきり口を閉じました。

もう想像はつきますね。そう、思いっきり噛まれたことにより大量に出血したのです。
勃起していたので血が充満しており、勢いよく血が噴き出してきたそうです。
このままだと出血多量で失血死してしまうと大慌てで救急へ連絡し事なきを得たとのこと。
では、3つ目の問題にいかせていただく。

また風俗だが、嬢のアナルに指を突っ込んで出し入れして楽しんでいた時の話です。
アナルで感じている嬢に興奮して指を奥まで突っ込んだ際に何かに刺さりそのまま抜けなくなってしまいました。アナルもオマンコ同様に痙攣を起こすので海綿体破壊の危険や陥没の危険があります。

この時はオマンコより締め付けが強く一瞬で気を失ってしまったそうです。
後の想像はお任せします。とりあえずこの人は死んではいません。
4つ目と5つ目の問題は同じ原因でSMに目覚めた頃の話です。
SMとはサディズムとマゾヒズムの略で簡単に説明すると責める側と責められる側でプレイを満喫します。

この男性はマゾヒズムの傾向があり、女王様を名乗る女性にムチで叩かれたり、ヒールの尖った部分でお腹を踏みつけれられたりして快感を感じていました。

女王様の言いなりになって高くそそり勃った男性器を挿入していただき、プレイを楽しんでいました。

しかし、女王様のふとした不注意で生死に関わるとは思いもしなかったそうなんですが、女王様がいつもと同じようにヒールでお腹を踏みつけていて、足を戻す際に誤って尖った部分が金玉袋を踏みつけたそうです。

この男性は泡を吹いて気絶したまま病院に運ばれ、2連続なのでお医者さんとも顔見知りになったとのこと。

最後の問題

そしていよいよ6回目の問題ですが、この6という数字が関わっている以上これまでとは違う経験をされています。
男性はソープランドにまた通い始めたのだが、うつ伏せになってマットプレイをしている時にふとした拍子に身体がマットから落ち、排水溝の穴にチンコが挟まってしましました。綺麗にフィットしており中々抜け出さず洗剤をかけても引っこ抜けませんでした。

救急隊が駆け付けてくれた頃には気絶しており、気付いたころには風俗のベットの上でした。
チンコが挟まっていたところは大きな穴が空いており、多額の修理費と治療費を請求されたそうです。

SEXで6連続で妊娠させた男

それではSEXで6連続で妊娠させてしまった男の話をさせていただこうと思いますが、これはアメリカ在住の男性のお話です。

対象の男性は性欲が非常に強く、恋人がいるにも関わらず他の女と浮気してSEX三昧する毎日だったそうです。

羨ましい限りですが、そんなハーレム状態も長くは続かないことは分かりきっていることで恋人に浮気を指摘されてボコボコにされてしまったとのこと。自業自得としかいいようがないですが、彼は全く反省しておらず次の日にはまた違う女とSEXをするほどのアホさ加減でした。

恋人の女性もすぐに別れればよかったのですが、情が移っていたのか別れずにお付き合いを継続しました。

この行動が後悔に繋がることになるとは思ってもみなかったでしょう。

一夜で6人と性行為

恋人の許しをもらったことで男の行動は以前にも増して悪化してしまいました。SEXがしたくてたまらない男はSEXフレンドに手当たりしだい連絡してセックスを堪能したそうです。

この男性が厄介なところがコンドームを着用しないことをモットーとしていることでSEXの時は必ず生で性行為を行っていたそうです。SEXフレンド6人をホテルに連れ込んで乱交パーティーを開き性行為を存分に楽しんでいました。

もちろんフィニッシュは中出しをしていたそうなのですが、ピルを事前に飲ませていたので安心しきって中出ししまくっていたそうです。

男性の皆さんなら認識しているかもしれませんが、ピルを飲んだとしても100%妊娠を防ぐことはできないのでこの男性がアホだということが理解できると思います。

当然のことながら見事に女性6人とも妊娠をしてしまい責任を問われることになりました。さすがの恋人も呆れ果てて男性を見捨てたことは言わずともですが、男性はとんでもないことを口にしました。

なんと、6人全員の子供を育てると言い出したのです。

ちゃんとした定職についているのなら育て上げることは不可能ではないのですが、この男は無職だったこともあり激しく非難されたことは言うまでもありません。

しかし、男の決意は揺るぎなく女性に子供を産むことを頼んで実際に出産させて1夫6妻の世帯で人生を過ごすことになったのです。男性も子供が生まれたことで意識に変化が現れ、ちゃんとした職について子供と妻と余生を過ごすことを決意したそうです。

懲りない男の末路

子供ができて暫くの間は全うな人間を演じることができていたのですが、この男はまたやらかしてしまうのです。

6人の子供がいるのにまた他の女性とセックスをして浮気し始めたのです。当然SEXをする時は生でやるのがデフォで浮気相手の女性と何度も性行為を繰りかえしていたとのこと。

男はここまで性欲の塊になれるのかと思うぐらいに性欲の強さに驚かされますが、この男はまた6が関わってくる運命にあったのです。

浮気相手の女性は26歳の女性でこの時点で6が関わっているのですが、男がやらかしたことは一番最悪なパターンで6回も流産させてしまうことです。

生でSEXをやっているわけですから当然避妊していないので妊娠することは確実で、妊娠が発覚した時にこの男は流産を進めたのです。普通なら考えられることではありませんが、男は浮気が発覚することを恐れて浮気相手に流産を促したのです。

しかも、懲りずに6回も妊娠させて流産させているわけですから浮気相手の女性の体調も心配ですし、そもそもできた子供のことを考えないクズさに憤りさえ感じますよね。

当然のことながらこのことが発覚するわけですが、妻からの罵倒の他に周りの人から強く批判されたのは言うまでもありません。

命を軽く見ている時点で人間失格なので当然の報いですが、浮気相手の女性はそれでも彼を愛していたそうです。

女も女ですがこんなキチガイのような男性のどこに惹かれるのか疑問を感じずにはいられません。

6回のSEXで妊娠させて6回も流産させてしまうとか日本だったら考えられないことですが、世界では彼のような人がもしかしたら多くいたのかもしれませんね。

何かと数字の6にはろくなことが起きないことが理解できたかと思います。

SEXとシックスの因果関係について

ここまでSEXとシックスの関係性をご紹介させていただきましたが、どう思われましたか?
言葉の言い方はよく似ていて意味はまったく違うものですが、SEXには必ず数字の6が関わってくるものなので何かの因果関係があると考えています。

私が公開している無料セックス動画でもこの数字の「6」が関わっているものがあり、ぜひ観てその関係性を探してみるのも面白いかもしれません。
その他にも様々なジャンルを公開していますのでぜひ閲覧なさってください。

無料セックス動画HOMEへ戻る

公開日:
最終更新日:2015/10/14