無料セックス動画

無料セックス動画は、X-VIDEOS,FC2動画など、厳選した最高にエッチな美女たちのセックス動画を無料ですべてご覧いただけます。

快感だけではない。意外と知らないSEXの危険性!

人類は快楽の特権を得た!

あらゆる生き物にとって性行為は神聖なる儀式であることは間違いないでしょう。
自らの細胞、遺伝子を半分を与え新しい生命体が誕生する神秘的な行為です。

そして人類はSEXの気持ち良さに気づき、独特の進化を遂げたのは間違いないことでしょう。しかし、そんな人類にしかない特権には思わぬ危険性があるものなのです。

SEXの意外な危険性

セックスは成人男性や女性による崇高なギシキの結晶と言えるでしょう。

例えば、アダルト動画を撮影するために行われる性行為でも、己の気持ちや、感触を伝えられることができるのです。AV女優さんとAV男優さん、なんて初対面で合って何時間後にはスグにSEXをしなければいけない時もあるのです。

己の細胞が他人に受け入れられるとき、受け入れたときに人は途方もなく、信頼感という安堵に包まれることでしょう。

しかし、そんなプロであるAV女優さんや、AV男優さんでさえもエッチには沢山の危険性があり、注意しないければならないと豪語していました。

さすが一流のプロという称号があるのだと感じ、尊敬してしまいました。そんな意外と知られていないセックスの危険性と予備知識について、報告したいと思います。

目次

➀ 性行為をする際には隅々まで綺麗にしましょう!
 -1 爪の手入れは重要!
 -2 手は清潔ですか?汚いと嫌われますよ?
 -3 股間も洗いましょう!
➁ 車でのSEXは危険!
 -1 車内のフェラチオに注意
 -2 寒い地域にはご注意を!
➂ アブノーマルプレイはプロに開発してもらうべき!
 -1 セーフティネットは感覚しかない!?
 -2 肛門ケアにはご注意を!
➃ SEX中毒も危ないらしい。
 -1 薬物を使ったSEXの危険性
 -2 熟女の性欲の高さに注目
➄ 少しアットホームな話
 -1 膣痙攣の危険性
まとめ:色々と備えておきましょう!

性行為をする際には隅々まで綺麗にしましょう!

読者の皆さまは性行為をする際に気を付けていることはありますでしょうか?ワタシは必ず守っていることが3つあります。

爪の手入れは重要!

まず一つ目は手の爪をキレイにすることです。エロ動画を観ていると分かると思いますが、プロのAV男優さんの中で誰一人爪が伸びている人はいないと思います。


常に爪をケアして長くないようにしているのはポルノ男優さんにとっては当たり前のことであり、常識中の常識なのです。ワタシたちからすれば、携帯電話やスマートフォンで電話をかけることができるくらいの常識らしいです。

まあ、電話をかけれない人もいるかもしれませんが、それはもう時代遅れすぎの人でしょう。話は戻りますが、それくらい爪の手入れは常識であり、基本なのです。

理由はカンタンですね。爪が長いと体を傷つけてしまう恐れがあるからです。

SEX動画でよくある潮吹きのシーン。潮吹きをさせたことのない男性はSEX動画の潮吹きのシーンだけをみて、激しく手マンをすれば出来ると勘違いしていますが、決してそうではないのです。むしろ伸びた爪で女性のおまんこを傷つけてしまい、女性からすると痛いだけなのです。仮に潮吹きに導けたとしても潮吹きは決して女性からすると気持ちいいものではなく、男性の性欲を満たすためだけの行為であることを理解してあげましょう。
そのうえで優しく女性も気持ちよくなるようにしてあげればいいのではないでしょうか。
SEX動画が普及したお蔭で、抵抗のある女性は減ったとはいえ、大事な性器を傷つける行為は控えるべきでしょう。

ポルノ女優さんの場合は違いますよ。彼女たちはより美しく魅せないといけないので、長くても良いのですが男性の場合は魅せる必要はないのでそういう不要ですよね?

もし、女性の膣内を傷つけた場合は、手術をしないといけない事もあります。

手は清潔ですか?汚いと嫌われますよ?

2つ目は、勿論手を洗うことですよね。爪の手入れもそうですが、あわせてお互いに手を洗いましょう。特に女性のマンコは敏感なのです。


たしかにオマンコのマン汁と呼ばれる液には殺菌作用があるのですが、しょせん人間が出す体液であり強い細菌を殺せるようにできてはいないのです。

十分に手を洗うことで、女性の大切な部分に菌が入らず、変な病気にならないのは幾多の有名な実験で実証されておりますので、ちゃんと手を洗い、殺菌してからの性行為に励みましょう。

股間も洗いましょう!

3つ目は男性の方に注意というか、紳士のやるべきこととしてお伝えしたいと思います。それは、すばりチンポを洗うことでしょう。

チンポは思ったよりも汚いです。とくに擦れる部分でアカが大量にでますからね。そして尿道と言う人間がクールダウンして終わったヨゴレた水分を排出する場所でもあります。そんな汚い場所を女性の大切な箇所に突っ込むのですからね。

手を洗わないで手マンするよりも、もっとタチが悪いです。なぜならば、女性の一番奥にあたるまでガンガン突きまくりますからね。そんなことしちゃったら、相手の女性は絶対病気になりますからね。そうなるとお金もかかりますよ?

特に最近の医療界では、女性のガンの発生率が凄く増えてきています。特に多くなっているのが、子宮ガンだそうです。最近コマーシャルでもよく見かけますよね?「バースデー検診始めませんか?」ってコマーシャルです。

冗談抜きに多くなってきて、日本政府も危機感をあらわにしているそうです。ガンの原因はそれだけではありませんが、そういったエッチの前の事前準備を怠っていることも要因の一つに挙げられています。

もし、「爪の手入れも、手も洗っていないし、性行為の前にチンポなんてメンドクサイから洗わねーよ」って方いらっしゃいましたら考えを改めてくださいね。

ワタシであれば、そんな人とセックスはしたくないと思います。
汚いですからね汚物と同じですよ。

車でのSEXは危険!

地球上でごく最近現れたエロの新ジャンルといえばカーセックスでしょう。車が最初に発明されて大体200年経ちますね。そんな偉大な発明にアイディアをちょっと付け足した輩はスゴイですね。きっとアイディアマンに違いありません。

カーセックスの歴史は180年そこそこくらいでしょうか?そんな歴史の浅い性技にハマる人が続出しているしているのです。しかしそんな気持ち良さと快感が伴う車でのエッチなのですが、一歩間違えれば死にいたることもあるのです。

恐らく、この危険性を知ればちょっと遠慮するかもしれませんが、無知よりは良いと思います。

車内のフェラチオに注意

まず危険なのはよくエロ動画や映画のワンシーンに出てくる女性にフェラチオをさせながら、車を運転するという危険な行為です。

ワタシも実際にやったことありますが、実際にやって事故になりそうになりました。特に男性の射精する瞬間が運転に集中できなくなってしまいますしね。女性がもの凄く上手でスグ射精してしまうのであれば問題はないかと思います。

更に世界では、この行為による被害報告がたくさんあります。一番は多いのは運転中にフェラチオして貰い、何かしらの理由で急ブレーキをして男性のボッキしたチンポが切れてしまうという被害がアメリカで多発しているそうです。

幸いまだ、全部ちぎれた人はいないとのことですが、大変危険な行為ですね。最初に伝えたとおもいますが、人間の口の中は細菌の宝庫と呼ばれているそうです。そんな細菌が多数いる口でチンポを切ってしまうことは当然ウィルスも入ってしまう可能性がありますからね。

寒い地域にはご注意を!

次に意外と知られていなく、とっても危険な行為があります。それは車での性行為そのものなのです。そう言われてもピンとこない人は多いと思います。

カーセックス

ワタシもそうでした。しかし、実際の映像をみてゾッとしました。正直、学校の性教育の項目に入れた方が良いのではないかと思うくらいの内容でしたので、凄くカルチャーショックを受けたのを覚えています。

それは、極寒の地であるロシアでよくある事故らしいのですが、若い男女のカップルが建物の車庫に入り、寒いので、エンジンを着けたままエッチをするのですが、そのまま亡くなるカップルが多いのだそうです。

理由は一酸化炭素中毒です。車の排気ガスが充満してしまい性行為の途中で気づくと時すでに遅しと言うパターンですね。実際にYOUTUBEとかにアップされていることがあるのですが、ちょっと気持ち悪いですね。

日本でも寒い地域はあると思います。新潟や北海道になりますね。その地域の人達はそういう知識を持って車での性行為に励んでほしいと思います。

極寒になれているロシア人ですらもそういう死亡ケースが後を絶たないとのことですので気を付けて下さい。

アブノーマルプレイはプロに開発してもらうべき!

ここ最近は一般の素人も気軽にアブノーマルなエッチを楽しめるようになりましたね。各アダルトメーカーさんたちが、もの凄く頑張っているからでしょう。

そんなアブノーマルなSEXにはたくさんの危険性があります。プロでさえも覚悟をしていますからね。それぐらいハードなお仕事なのです。安全なセーフティーネットはなく、完璧に調教師の経験と判断によるところが多いですからね。

逆に事故と呼ばれる記事が少ないのはまさしく、プロの技だと言って過言ではないでしょう。

セーフティネットは感覚しかない!?

一般人素人で気を付けなければならないのは、もちろん加減でしょう。ハッキリ言って、それしかセーフティーネットは存在しないのですからね。

それに応える女性との信頼関係も必要になってくるでしょう。特に危険な失神ファックというジャンルは女性が生と死の狭間を経験するアブノーマルなSEXですからね。
できれば、このジャンルはお勧めできません。プロでしかできない芸当なのでね。

肛門ケアにはご注意を!

アナルセックスというジャンルもありますね。これも大変危険です。素人がよく挑戦するのですが、ことごとく女性の痛みが原因で調教を断念したという方は多いと思います。しかし、これも手順を踏めば大抵は感じることができます。

危険なのは盲腸を傷つけてしまうことです。一度傷をつけてしまうと、手術が必要になってきますので、十分に注意ください。ウソの話なのか、ホントの話なのか、不明になりますが、最近、掲示板に彼女がお酒を直接肛門にブッさしたというスレッドが話題になったことがあります。

記載にもあったとおり、肛門は排泄物を出す場所でもありますが、栄養を吸収する機能もあります。そんなところに直接アルコールを入れるとどうなるか分かりますよね?急激にアルコール中毒になるのです。

アメリカでは肛門から直接コーヒーを入れるダイエット方法が流行りましたが、決して真似しないようにしてください。なぜならば、アメリカのこのダイエット方法は、それ専用の特別に凄く薄くしたコーヒーを使用しているため、大丈夫なのです。

素人が勝手に原液をお尻の穴に注入してしまうと救急車で運ばれることになりますので注意していただくと良いでしょう。

SEX中毒も危ないらしい。

セックス中毒と言う言葉をご存知でしょうか?ワタシはYOUTUBEなどでよくネットサーフィンを楽しむことが多いのですが、そんな楽しんでいる最中に興味深い映像を観たことを覚えています。

とあるアダルト動画の美しい女優さんなのですが撮影の最中に亡くなってしまったという衝撃の映像でした。最近検索をかけたのですが、削除されていましたね。

ワタシの記憶が間違っているのかもしれませんが、確かにその動画はあったことは事実なのです。そもそもエクスタシーで亡くなる人がいるとは思いもよりませんよね。でもありうる話かもしれません。

しかし、ちょっとした疑惑もありますね。この美女は危険薬物などをしていたのではないかという疑惑です。特に日本と違い外国は合法になっているモノもありますからね。そんな危険な薬物とエッチが混ぜ合わさったことで起こった悲劇なのかもしれません。

できれば、ウソのでっちあげの動画であればよいのですがね。日本は危険薬物の規制が強くて良かったと思ってしまいますね。そんなモノは絶対ヤルべきではないのですからね。

薬物を使ったSEXの危険性

世の中には色々な人がいるもので、薬物を使ったSEXをする人が多いことが判っています。

なぜそのようなことをするのか理解に苦しみますが、薬物を使うSEXは今までにない快感を得られることは間違いありません。

自分自身の感度を上げることのできるものがあるらしく自分の性器を触っただけで絶頂してしまうほどの効果があるそうで、この快感を一度経験してしまうと薬物無しではSEXができない身体になってしまうのだそうです。

しかし、もちろんリスクはつきもので薬物を使用したSEXでは理性が飛ぶことが多く犯罪に手を出す人も稀に発生するそうで、海外では大きな問題になったこともあるぐらいです。

でも人間は快感を求める生き物ですのでリスクを承知の上で薬物を使用する人が後を絶たず、SEXで何度もイキまくって快感を楽しんでいるのが現状なのです。

某有名人も薬物を使用してSEXを行ったことは皆さんの記憶に新しいと思いますが、有名人でさえ自分自身の欲求を抑えることができずにリスクを承知の上で手をだしているので薬物SEXの闇は深いと考えております。

最上の快感は得られるかもしれませんが失うものも多いことを認識した上で行動することが大事なのだと認識しましょう。

やはりSEXはそういうものに頼らずに清く正しく行うことが大事なのだということを認識したうえで、皆さんも正しいSEXをすることを心掛けていただきたいと思います。

薬物は危険なものだということを皆で認識することにより、使用する人を減らせるかもしれません。

しかし、こういう薬物を作っているところを根絶させないことには完全に無くすことはできないとも考えており、早急に対策を練らないと今後も使用してSEXする人が増加してしまわないかとも懸念しております。

こういう人達はクラブとかに出没すると予想されるため、一網打尽にしていただきたいですね。この世から薬物を消すことが重要だと考えております。

熟女の性欲の高さに注目

熟女が性欲が強いことを知らない男性がいるかもしれないので説明させていただくと、女性は年齢が増す毎に性欲が高くなることが判明しています。

男性とは逆であると認識していただければ理解できると思いますが、男性は思春期から爆発的に性欲が強くなりますが、女性は晩成なので若い頃には性欲があまり強くありません。

もちろん一部の若い女性はセックスがしたくてたまらないほど性欲が高い人もいますが、調査では性欲が高くないことが立証されています。

性欲は子孫を残そうとする人間の本能が関わっており、男性は若いころから子孫を残したいと思うのに対して、女性が発情する
条件は違うのです。

女性は早く子孫を残さなければいけないという危機感から性欲が増すと推測されており、出産適齢期に近づくにつれてセックスがしたくてたまらなくなるのです。

ではその出産適齢期はいつなのか気になったかと思いますので説明させていただくと女性は35歳までが適齢期と言われています。

それ以降は正常な子供を産む確率が格段に低くなりますので、この年齢までに子供を作ろうとする本能が働くと言われています。

しかし、女性の性欲で厄介なところは適齢期を過ぎてからも性欲が高いことで、40代後半まで性欲が非常に高いことが判明しているのです。

適齢期を超えた熟女とセックスをして強制的に中出しされて結婚してしまった男性も多くいることが確認できており、こういった被害が起きないように男性の皆さんは慎重な行動が必要だと考えております。

特に正常位と騎乗位でセックスするのがリスクが高く、女性が足で男性の腰をホールドして抜けなくし中出しさせると言った被害が多いのだそうです。

中出ししてしまった男性は責任を取らされてしまい好きでもない熟女と籍を入れてしまうといったことが起きているのが事実です。

ましてや子供ができたとしても障害を持ってしまった子が生まれてくることが多いそうなので、熟女とセックスする時は正常位と騎乗位でやるのは避けましょう。

少しアットホームな話

あまりにもシビアな話をしすぎて疲れちゃいますね。少しアットホームな話になるのですが、イギリスでこんな面白い事件が起きたのを覚えています。

とあるカップルがチョメチョメの最中にチンポとマンコが離れなくなったという実話なのです。面白いですよね。でもこれはイギリス人だけの話ではないのです。

アジア人でも、日本人でも誰でもなりうる話なのですからね。女性の方が興奮しすぎて性器が縮小して離れなくなってしまうということは医学的にもありうる話らしいです。

実際にこのカップルはパニックになり、救急車を呼んで、病院に搬送されたのですが、結局はお医者様の力ではどうすることもできず、ただ時間が解決するのを待つしかないとの助言をいただき、そのまま病院で時を過ごしたら自然と離れたみたいです。

こんなことが起こるなんて人類の体は面白いですね。こんなにも人をビックリさせてくれることが多いのですから不思議なモノです。

でも実際に自分の身に起きたら凄くパニックになりますね。皆さんにそんな事象が起こったら、焦らずに冷静になってくださいね。

膣痙攣の危険性

アットホームな出来事なのかもしれませんが、実はこのチンポとあんこが離れなくなる現象は膣痙攣が原因でとても危険性があることを認識しなければならないと思います。

膣痙攣とは女性の意思に反してコントロールをすることができず膣内で凄い力で押し付ける動きをします。

セックス中にオーガズムを感じた女性がなることが多く、挿入した状態でした膣痙攣は起きないためチンポが押しつぶされるような形になり男性は激痛が襲うのだそうです。

押しつぶす力は女性によって様々なようですが、きつい締め付けであればちんぽの海綿体が折れてしまうこともあるのだそうです。

それほどの威力を持っていることを認識していただくとともに女性とのセックスでは気を付けなければいけないのですが、いつ膣痙攣が起こるなんて男性も女性も把握できるはずもないので、結局は運任せになるしかありません。

この事実を知って驚愕した人も多くいるかもしれませんが、滅多に起きることはありませんのでセックスを堪能していただいて構わないのですが、こういったことが起こり得るということを認識しておくことが大事だと思います。

膣痙攣を何度も経験したことのある男性もいて、最終的にインポになったそうですがあの締め付けが癖になっていたそうです。

そもそも滅多に起きることはないのでどうやって膣痙攣を起こさせたのか気になりますが、方法を知ってしまうと膣痙攣による被害者が増える恐れがありますので伏せときます。

ただヒントとしては冒頭でもお伝えしたように女性がオーガズムを感じた時に発生しやすいということを頭の中に入れておきましょう。

女性を快感の渦に巻き込ませることは男性としての目的でもありますが、膣痙攣だけは危険だということを理解して行動しましょう。

色々と備えておきましょう!

色々とあげていきましたが、SEXってこんなにも危険なことが多いのですね。
ですから、きちんと勉強してから実践をしないと大変なことになってしまうのです。

まあその大変さが好きだという人がいれば自由に気ままにやっても良いと思います。でも何か起こった時の対処を考えておいてほうが良いと思いますよ?

備えあれば憂いなしという言葉がありますよね。常に備えていれば、何が起きても対処ができますのでね。

世界には他にも色々な性事情についての情報がたくさん埋もれています。
情報を集めることは決して悪いことではありません。むしろ逆に良いことですから、常にアンテナを張っておいた方が良いでしょう。

HOMEへ戻る

公開日:
最終更新日:2015/10/14