無料セックス動画

無料セックス動画は、X-VIDEOS,FC2動画など、厳選した最高にエッチな美女たちのセックス動画を無料ですべてご覧いただけます。

人類は昔からセックスへの探求心が強かった!

人間と動物の違いの一つに探求心がある!

人間と動物の違いの一つに、セックスの探求心が強いということがあげられるのでは
ないだろうか?人間という生き物は古来からセックスに対して貪欲だったのである。
そのように貪欲になっていった経緯を色々と調べたり考えたりしてみました。

人間に近い動物でさえも淡白なセックスなのだ!

人間のセックスはとてつもなく進化したということに異論をはさむ者はいないだろう。それくらいに、セックスの技は多岐に渡り、人々を興奮させたり、気持ちよくさせたりしている。肝心の動物のセックスはどうだろうか?

人間に一番近い動物がチンパンジーだと言われていますが、そんな近い存在の動物でさえも、セックスを楽しんでいる姿を見たことはありません。大体の動物はバックからのセックスが主流ですよね。


動物専門家に話を聞いてみましたが、動物がフェラチオ、騎乗位、正常位、アナルセックス、道具を使ったセックスは見たことがないと仰ってました。

しかし、人間はサルからの進化したのですから、何かしらの要因があったからこそ、
いまの明るく楽しいセックスがあるということで間違いないでしょう。

人類のセックスへの探求心はスゴイですね。

目次

➀ 謎を解くカギは古代の遺跡にありけり!
 -1 古代人からのメッセージを見逃すな!
➁ 洞窟の壁画からもたらされた謎
 -1 謎は解けた!キスの歴史が描かれていた!
 -2 古代からセックスの探求心が強かった!
➂ 世界の三大性欲革命美女
 -1 フェラチオの名人
 -2 SM界のレジェント
 -3 言葉の魔術師
➃ 起原不明。カーセックスの由来について
 -1 カーセックスに驚きの事実が判明
 -2 車種によって快感に変化
 -3 露出癖が身についてしまう
まとめ:色々なセックスの裏側には探求心が強い人がいる!

謎を解くカギは古代の遺跡にありけり!

疑問があれば分かる人に聞いた方が早い。しかし、古代の人は現在まで生きておりませんからね。逆に生きていれば、キセキの人で神として崇められるでしょう。

そんな人物はいないので、古代のことは昔の文献や、伝承、遺跡などを見たほうが分かることが多いのです。「百聞は一見にしかず」ということわざの通りですね。

しかし、昔の文献の場合は、何者かに書き換えられたりする可能性も考えられます。伝承も同じですね。伝言ゲームというゲームをご存知でしょうか?

人から人へと伝える際に必ず、誰かが間違って伝えてしまう。その理屈を逆手に取ったゲームで、実際に間違ったことを伝えて楽しむという娯楽ゲームです。

そんな短時間のゲームでさえも必ず間違ってしまうことがあるのに、何十年、いや、何百年や何千年もの間から伝えられている口伝や伝承であれば、それこそ、必ずどこかのタイミングで誰かが間違って伝えていることは考えられます。

文献も口伝や伝承も同じくらいの確率で半分正解で、半分不正解だとワタシは考えています。しかし、遺跡などはどうでしょうか?現在はそういった遺跡調査の技術がだいぶ進歩しています。遺跡の土の成分や痕跡などから科学的にいつの時代に作られたモノなのか?いつの時代に描かれたモノなのかがハッキリするのです。

マチュピチュ

例えば南米ペルーにあるナスカの地上絵や、空中都市マチュピチュ。オーストラリアにある地球のへそと呼ばれるエアーズロック、イースター島のモアイ像、イギリス南部にあるストーンヘンジなどがそうですね。他にもたくさんの遺跡はあります。

これらは壊すことができたとしても、書き換えることは絶対に不可能なのです。そして、現在の科学技術があれば、いつの時代にどの成分で作られたかは分かります。それさえ分かれば良いと考えています。

なぜならば、形あるものだからです。形があるものであれば、何年、何十年、何百年、何千年もの時が経ったとしても、その時代の人々に思いを伝えることができます。

古代人からのメッセージを見逃すな!

古代の人々がどういう思いで、何を伝えたかったのか?このようなモノを作った理由とは?など考えさせられます。きっと未来人にとって頭を悩まされることは間違いないのですが、そこにあるのは証拠でもあり、ヒントでもあるのです。

金田一少年

せっかく、古代の人からのメッセージを無下にする訳にはいきません。あとは未来人たちが一生懸命に頑張って解明するしかないのです。

そう考えると長編の推理小説みたいで、ちょっと興味が出てきませんか?

見た目は子ども頭脳は大人の名探偵コナンや、じっちゃんの名にかけてで有名な金田一少年の事件簿みたいに、ガンガン古代のなぞを解いていく。

そんな人物にちょっとは憧れますよね。

洞窟の壁画からもたらされた謎

そんな古代遺跡には人類がセックスに興味を持ち始めた頃のヒントがたくさん散りばめられています。ある洞窟の壁画には女性と思わしき人物像と男性と思わしき人物像が描かれています。

なぜ女性と男性を見分ける事ができたのかというと、この地方には若い女性の左手首に、今でいうミサンガのような紐をつけ、若い男性は左足首にミサンガのような紐をつけるという古代から続く伝統があったのです。

接吻

そして、結婚する男性は右足にミサンガのような紐をつけ、女性は右手首にミサンガのような紐をつけているそうです。まあ、胸があるかないかでも性別を判断できるのですが、より確実に見分けるということであれば、そういう伝統も尊重することも謎をとくカギになりますね。

しかし、これだけならば、古代のただの落書きだと思われがちですが、よく見ると唇と唇がくっついている壁画でした。

そして奥に進むと、結婚した男性同士で唇と唇を合わせて周りで嘔吐している人も描かれておりました。吐いている人々はいずれも結婚している男性のみであったのも興味深かったです。

この壁画から、読み取れることがあります。それはまさしく、人類が性への探求心が強くなった第一歩なのです。

謎は解けた!キスの歴史が描かれていた!

この描かれている壁画を要約すると、ある日若い男女のカップルが偶然にもキスをしてしまい、それが若者の間で流行したのです。

当然、周りの結婚した大人たちは不思議がります。なぜならば食べ物を入れるであろう口と口をくっつけているのですからね。最初、発見した時は何事かと思った事でしょう。

疑問に思った当時の既婚者男性は会議を開き、なぜこんな行動をしているのか男同士で実証した。しかし、全然気持ち良くなく、思わず嘔吐したという壁画になるでしょう。

それはそのはずですよね。だって良い年した中年男性同士がキスをするんですから気持ちよくないはずがないですよね。このことから、当時の古代の若いカップルでキスが大流行した時期が判明したのです。

古代からセックスの探求心が強かった!

古代の遺跡から、このような真実が判明するなんて凄いロマンがありますね。ワタシたちはいま、古代の人達からのメッセージをしっかりと受け取ることができたのです。

ここからは想像になるのですが、きっとキスが流行した際には創造性とオリジナリティを膨らませ、ディープキスという技を発見した輩もこの時代にきっといたはずです。

キスまでできているのだから、改良してディープキスするくらいわけないと思います。そう考えると人類は古代からセックスへの探求心が強かったのですね。

世界の三大性欲革命美女

世界三大性欲革命美女と呼ばれる人物をご存知でしょうか?クレオパトラ、妲己、小野小町で有名ですよね。

彼女たちは人類史上最高の美女として後世に語り継がれています。そんな世界でも有名なお三方なのですが、それぞれがモノスゴイ性技を持っていたのです。

そして、そのテクニックは至高かつ、世界で類をみない性技であったため、より大勢の男共をトリコにしたのです。それが世界三大美女と呼ばれた所以になるのです。

フェラチオの名人

クレオパトラは、フェラチオが得意でどんな性欲旺盛な男でも骨抜きにしたそうです。

しかし、疑問も残りますよね。一国の女王様がなぜこんな性技を身に着けなければならなかったかというと、国を守るために身に着けたと当時の壁画に記載されていたそうです。

クレオパトラ

当時、クレオパトラはとにかく美に対して貪欲だった。なぜならば、当時彼女の国の周りは敵国だらけであり常に争いに悩まされていたそうです。

そんな周りの王様を取りこむために美を追求したと言われています。色々試して一番効果があった美容法が男性の精子を飲んだり、顔に塗ったりすることだったらしいです。

よくよく考えると、理に適ってますよね?だって男性の精子の主な成分はタンパク質なのですから、美容には良いはずなのです。

毎日何百人から何千人もの男の精子を飲み、肌に塗ることで若々しさを保っていたのです。そんな美容液を採取するために、偶然ついたスキルが、フェラチオなのです。

そんな、偶然に得た武器を使い、周辺国の王様をトリコにしていたのです。

つまりは、セックススキルの一つであるフェラチオを国の外交にも応用したということですね。肌もキレイになり、周辺国とも仲良くなれるのであれば、一石二鳥で良い事だと思います。

SM界のレジェント

妲己は、現在のSMの基礎を作った人物として有名なことは間違いないでしょう。
彼女は拘束器具を使い、1週間ものあいだ、美女をイかない程度で寸止めしたり、24時間男性を拘束し、射精させ続けたり、公衆の面前で全裸にして羞恥心を感じさせたりと、自ら考えたSMプレイを実践していったらしいです。

そんなSMプレイがどんどんハードになっていき、後世に伝わるような酒池肉林やダルマなどのもはやSMではなく快楽殺人のようなプレイに興奮するようになり、歯止めが効かなくなっていったらしいです。

たしかに、SMプレイは少しづつ調教すれば、どんなに関心がない人でも段々とハマっていくらしいですからね。それは今も昔も変わらない人間の本能がそうさせているかもしれません。

ハマりすぎてしまったが故に、性への探求心から大きく脱線してしまった悲しい皇女様なのかもしれません。

もしタイムマシンがあって、現在の調教師を当時に連れて行き、この皇女さまにソフトなSMからハードなSMまで教育していれば、悪魔のような皇女にならなかったかもしれませんね。

言葉の魔術師

小野小町は、日本の平安時代に現れたエロ小説の革命美女と呼ばれています。

彼女の文面からあふれ出る卑猥な文言に、男であればボッキしてしまい、女であれば股間が濡れ床がビショビショになるくらい感じてしまっていたという記述があります。

スゴイ才能ですね。今の時代であれば、短編エロ小説でかなり儲かること間違いなしの大人気の作家さんになったに違いありません。

そんな彼女は放置プレイが得意だったとの事です。セックスの際に男を焦らしに焦らして、エロ小説の卑猥な文言のように言葉攻めを繰り返し、射精に導いていたそうです。

手や足等の体の一部を使わず言葉攻めのみで男を射精させるとはまさに、神の如き性技ですね。

もし、近くにそのような女性がいて、電車内でそんな言葉をかけられたら、ひとたまりもないでしょう。きっと射精しきって、ホクホク顔のサラリーマンとすれ違い、電車内はイカくさい臭いで大変なことになるかもしれません。

まるで魔法の言葉です。そんな魔法の言葉を遊びで使ってみたいものですね。きっとパニックになること間違いなしです。

起原不明。カーセックスの由来について

ここまで、人類がセックスに対して探求心が凄く強い事が分かったと思います。

ここで、ちょっとしたクイズなのですが、昔には出来なくて現在には出来るセックスって何だと思います?答えはカーセックスです。昔は車はないですからね。

こればかりは現代社会の専売特許なのではないでしょうか?ルーツは流石に不明ですね。でも考えられることは一つだと思います。車を作った際に、車内でしちゃえって人がいて、そのままセックスになるってことですよね。

大体めぼしはついているのですが、恐らく寒い地域で流行ったと思っています。

だって寒くないと車内に留まるわけないではないですか?暑ければ、野外でのセックスになるでしょう。寒い地方で、外だと寒いから車内でイチャイチャしているうちにセックスになったことがカーセックスの始まりだと考えています。

カーセックスに驚きの事実が判明

カーセックスの由来は先に述べさせていただいたように外が寒いから車の中で暖まる目的でセックスを始めたことですが、色々と調べてみた結果、驚きの事実があることを発見しました。

その驚くべき事実とはカーセックスと通常のセックスでは感度が違うということです。

具体的に説明すると、セックスを行う時に興奮作用を促してくれる成分が脳内から分泌されるのですが、この成分の分泌が通常より多くなることが判明したのです。

興奮作用と感度の関係性は高く、興奮していない状態としている状態とでは快感を得ることに大きな差がでることが分かっています。

では、なぜカーセックスでこのような現象が起こるのか原因を探ってみると普段とは違う場所で性行為を行うことにより興奮作用が働くことが大前提として挙げられます。

車内という閉鎖的な空間ですが、窓ガラスがあることから周りに見られている感覚になり通常時にとは比べものにならないくらい興奮することが確認できています。

人に見られるかもしれないという緊張感を興奮に変えているのが原因で、自分達のセックスしているところを見られたくないけど見られたいという矛盾した考えが生まれ、通常とは異なる環境によって更なる快感を得ることができるのです。

この事実を知って今すぐにでもカーセックスを行いたくなった人も中にはいらっしゃるかもしれませんが、捕まる事実もあることを認識しなければなりません。

窓ガラスで見られる環境でお互いが裸になってセックスをしていると当然の如く公然わいせつ罪になってしまいますので、そのリスクを認識して行動することをお勧めします。

それでもカーセックスの快感を得たいという真の強者がいるのであれば止めても無駄なので存分に楽しんでいただきたいと思います。

しかし、いくら公然わいせつになるとしても世の中の男性は他人のセックスを見たいという願望を持っているのでたとえ窓ガラス越しに見えたとしても通報はせずに貴方のカーセックスの行為を見守ることでしょう。

男性なら問題はないのですが、女性に発見されたら通報されるリスクが高いので、もしカーセックスを行うのであれば男性が多く歩いている場所で行為を行うことをお勧めします。

もう一つ注意する点があり、カーセックスを行っていると写真に撮られる可能性も高く、自分たちの性行為の場面が他人によって保存されてしまう恐れがあります。

それでもいいという人だけ車の中で性行為を行うべきでしょう。

車種によって快感に変化

カーセックスの話はまだ終らないのですが、皆さんが車の中でセックスをするならどういう車種でやりたいと思いますでしょうか。

大抵の人はノーマルな形の車を想像するかもしれませんが、実はカーセックスを行う時は車種によって快感が違うことが判明しているのです。

この事実を知ってからカーセックスを行う時には一番快感を得られる車種にしようと心に誓ったのですが、どの車種が一番快感を得られるのか気になっている人はもう一度予想してみてください。

想像したのは恐らく・・ボックスタイプの車種だと思いますが・・正解です!カーセックスをする時に一番快感を得られるのはボックス車で広々とした空間であることから色んな体位でセックスを行えることができるのです。

もちろん軽自動車ではなく普通乗用車に限りですが、最近の軽自動車は広々とした空間のものも開発されていたりするので、軽自動車でも快感を得ることができるかもしれません。

では、なぜボックス車でカーセックスを行うことで快感を得られるのかというと、先に述べました広い空間と体位のほかに雰囲気を作りやすいという利点があります。

ボックス車は窓ガラスも大きく後部座席で性行為を行っている姿が外からでも確認できるぐらいオープンに見ることができます。

この見られている感覚が他の車種と比べて極めて高いため、セックスで興奮して快感も同時に得られるのです。

オープンなセックスは快感を倍増させるので、皆さんにもぜひ体験していただきたいものですが、盗撮されるかもしれないという懸念もあって中々行動に移せないのも事実です。

そこは割り切ってカーセックスを楽しむことが重要ですが、羞恥心が勝ってしまい窓ガラスをスモーク式に変える人が後を絶ちません。

それではセックスにおける快感も半減してしまうので、大変勿体ないことをしていると言っても過言ではなく、最高の快感を得たいのであればオープンにして他人に見られても構わないという精神が必要不可欠であると思っています。

露出癖が身についてしまう

カーセックスは人に見られることによって露出癖がついてしまうことを認識していただきたいと思っており、この事実を知ることによって車の中でセックスをする人が激減するかもしれませんが露出は決して悪いことではありません。

今までにない快感を得たいのであれば有効な手段であることをしっかりと認識すべきだと思っており、カーセックスをすることによって自分では気付かなかった部分があるかもしれないのです。

セックスに快感を求めている人ならお勧めする方法であり、露出に目覚めたのであれば恥ずかしがることなく人前で性行為をしてみるもの面白いかもしれませんよ。

慣れるには時間がかかるかもしれませんが、セックスに新たな希望が生まれることは間違いないと考えているため必要不可欠なプレイであることを頭の中に入れていただきたいと思っています。

そうすることでカーセックスをする人がリピーターになり、色んな人が第三者に見てもらえるように工夫を凝らして見せつけたりするかもしれませんのでお勧めしますよ。

しかし、一番注意をしなければならないのが通報をされてしまうことで、カーセックスを見ることを目的としていない人であれば警察に通報しようとすることがあるため、性行為をやる場所は見極めなければなりません。

人通りが多い場所であればリスクが高いことは言わずとも理解されていると思いますので、この事実をしっかりと把握して行動していただきたいと考えております。

皆さんが思っている以上にカーセックスは奥が深いことを認識していただけたかと思いますが、先にも述べさせていただいたように車の車種にも影響がありますので自分で調べてから性行為をすることをお勧めします。

自分がまだ経験したことのない行為に興味をもつことは大切なことですが、間違った方法でやってしまうと後々になって後悔する結果にもなりかねないのでカーセックスをする時は気を付けて対応されることを心がけましょう。

この事実を知った貴方は既にカーセックスに興味を持っていただけたかと思いますので彼女または妻がいる人はぜひ試していただきたいと思っています。

今までにない快感を得ることができることはお勧めしますので露出癖をつけるように願っております。

色々なセックスの裏側には探求心が強い人がいる!

他にも人類のセックスに貢献した人はたくさんいます。

例えば、バイブ、クスコ、拘束器具、ローションを開発した人や騎乗位の腰の動きをグレードアップさせるために考えられた南米ブラジルのサンバ、アダルト動画で女性の潮吹きを一躍有名にしたAV男優などもいます。

それらを開発した人や、セックスの体技として残した偉大な人物たちはこぞって、セックスへの探求心がズバ抜けて強い人達だとワタシは考えています。

まあ、クスコの場合は、医学の進捗のため、拘束器具は拷問のために作られた代物ですが、細かいことは良いではないですか。

だって結果的に、セックスへの探求心がズバ抜けて強い人が、それらの器具を見て、これはセックスに使える!っと思い現在のアブノーマルなセックスに使用されているのですからね。結局は、セックスの探求心が強い人が代理で応用したのですよ。

時間がある時にまた、そんな器具を開発した人や、体技を極めた人の話をしていけたらと思います。

そしてこのサイトには、人類が長い年月をかけて培ったセックス技術の動画が多数アップされています。

無料セックス動画をみて一緒に人類の性の探求心を勉強していきましょう!

HOMEへ戻る

公開日:
最終更新日:2015/10/14