無料セックス動画

無料セックス動画は、X-VIDEOS,FC2動画など、厳選した最高にエッチな美女たちのセックス動画を無料ですべてご覧いただけます。

女性の不倫が増加中!女性の社会進出と不倫セックス

昔の日本人女性のイメージ

最近女性芸能人の不倫が一気に取り上げられています。芸能人だから取り上げられているのだと思いますが、一般女性の不倫や浮気も多くなっている傾向があるんです。
日本人女性は、綺麗で繊細ながらも芯が強いというイメージがあったのですが、最近は性に対してオープンになっていますね。

日本人女性のイメージは世論に影響されていた!

日本人女性のイメージにナデシコという花が良く使用されています。
ナデシコジャパンとか、大和撫子とかですね。
大和撫子

そもそもナデシコの花の花言葉は、純粋な愛や貞節(女性が夫以外の男性に体やや心を許さない)等の意味合が強いとの事です。という事は昔の日本人女性は旦那以外は愛さないという観念が強かったのでしょうか?
しかし、色々調べたら実際は違っていた事が分かりました。ワタシ達が知っている日本人女性のイメージは作られた虚像だったのです。むしろ、江戸時代前までは逆に性にオープンだったのです。

なぜ、性にオープンだったのか気になりますよね?江戸時代が終わり、明治時代に、現在で言うマスコミのような存在がより、世論の印象を操作して今のナデシコのように仕立て上げたのです。

目次

➀ 日本人のイメージがナデシコたる理由と昔の貞操観念
  - 江戸時代の大名は愛人が何人もいたんだとか
  - 一方庶民の性事情は
  - 明治時代あたりから性へのとらえ方が変わってきたようです
➁ 急激に変化した女性の不倫願望
  - 女性の不倫が一気に増加した理由
➂ 不倫で一躍有名になった女性達
  - 元モーニング娘の矢口真里
  - 女優の真木よう子
  - 世の中の女性がオス化しているのかもしれない
➃ 一般女性の不倫動機について
  - 日本人男性はセックスレスに注意
  - 不倫は甘い蜜のようなもの
  - 正当化しようとする女
まとめ:時代と共に変わる女性の貞操観念

日本人のイメージがナデシコたる理由と昔の貞操観念

江戸時代の末期の話になりますが、200年もの平和が続き、当時の日本人は性への要求が激しかったとの事記述があったのを何かの記事で観た覚えがあります。

江戸時代の大名は愛人が何人もいたんだとか

大名は常にお抱えの愛人が何人もいたとの事です。そして、ビックリするのは女性だけではなく、美少年も抱えていたという事実が残っています。今でいうジャニーズジュニアに応募したエリート中のエリートの精鋭美少年とボーイズラブしていたようです。まあ大名なのでボーイズラブではないかもしれませんが、性を探求しすぎて、アブノーマルな性行為に興味がでてきたのでしょうね。

流石にオッサン同士というのは聞いた事はありませんが、ジャニーズのような整った顔立ちの少年とは浮名を流していたそうです。今でいうと県知事や都知事が色々な女性や少年まで手を出しても問題ない時代だったんですね。

一方庶民の性事情は

一般庶民はというと、当時は相変わらず士農工商という、分業型制度(武士の家庭に生まれた子供は武士に、農民の家庭に生まれた子供は農民に、大工の家庭に生まれた子供は大工に、商人の家庭に生まれた子供は商人になるという制度)の為、親同士が許嫁を決めると言う風習が残っていました。

当然、恋愛も自由ではない訳です。好きな人でなければ、セックスの相性も悪い他人とイキナリ生活を共にし、夜の営みも満足ができないとなると、ストレスは溜まる一方です。

そこで性に不満を抱えた主婦達はワザワザ都市部の温泉やお茶屋に出向いたそうです。実は江戸時代の温泉は混浴だったのです。
混浴
当然、主婦たちはその中の選りすぐりの男性を見つけて挑発していたのです。
お茶屋は出会い系茶屋というお茶屋さんに、出会い文を書き留めておき、次に出会い系茶屋に来る時の日時、理想の相手などを記載した手紙を置いたとの事でした。
そんな感じで意外と不倫が横行していても、特に問題になることなく、普通に接していたそうです。

それが当たり前の世の中とは何とも嬉しい事なのか、悲しい事なのかは自身の裁量にもよると思いますが、よく、京都の舞妓さんや花魁姿の女性との浮名を流す江戸時代の男性ばかり取り上げていますが、実は女性の方も意外と大胆だったんですね。

明治時代あたりから性へのとらえ方が変わってきたようです

そんな江戸時代が終焉し、明治時代に入り日本人の考え方は180度変わっていったそうです。

西欧諸国の影響を受け、富国強兵という方針を国が進めたのです。その時代に入り、温泉の混浴、出会い系茶屋等が禁止になっていきました。そして、その当時に今のメディア関係の職についた人達が印象操作を行ったのです。

日本人女性たるものナデシコのように、強く貞操観念を持つべきだという教育を少女たちに徹底させたのです。

何故かと言うと、西欧諸国貴族の真似をしたかったのでしょうね。まあ、西洋諸国の貴族の女性も大きな権力を持つ人であれば、色々とスゴイ不倫をしたとの記載もありますが、話が変わりますので次の機会に話しましょう。
明治時代の女性

そのような教育を受けた女性たちは、常に夫を立て、お淑やかに清楚に生きる事が美学とされてきました。そんな中不倫をしていたら大問題です。そりゃ親族一同から叩かれてしまいますよね。それから危険な不倫愛へと走る女性は減少していったのです。

そんな教育を受けた女性が多かった為、日本人女性は大和撫子のイメージが強く世界に広まったのです。

急激に変化した女性の不倫願望

女性の不倫が増加し始めたのが高度成長期が終わり、ドラマで徐々に不倫の描写が多くなってきた時代になります。

旦那だけの稼ぎでなく、女性も稼がないといけなくなり、パートで働く女性が多くなった事が理由ですね。旦那との日々淡々とした生活よりも、不倫相手とのスリルな関係が楽しいという女性が増えたのです。

スリルとは一種の麻薬みたいなもので、常に脳内にドーパミンを発してしまい、一種の興奮状態になっていくのですから、一度ハマってしまったら、もう抜け出せません。1回だけのつもりが、次で最後、その次で最後と段々とタカが外れてしまい、最終的には不倫はごく普通の事で、性欲を満たすためのスポーツ感覚になるのです。バレたらヤバいから、バレなければ大丈夫に変わっていくのですね。

女性の不倫が一気に増加した理由

そんな中、女性の不倫が一気に増加した理由にラブホテルの増加も挙げられると思います。比較的安く、休憩もあり、いつでも入れる場所が沢山あるのですから、気軽に不倫できますよね。

そして、更に追い打ちを掛けたのが、女性用のエッチな道具が増えた事もあります。電動バイブや、コスプレ衣装、ローション等、女性が気持ちよくなるように開発された数々の備品ですね。

ドリームラブチェアー
最近ワタシが特にビックリしたアイテムはスケベ椅子ですね。何と自動で動くスケベ椅子「ドリームラブチェア」というものです。値段は60万円との事で、ラブホテルに設置されていれば興味本位で使いたくなってしまいますよね。ワタシの記憶では、騎乗位から正常位まであらゆる体位を補助してくれる代物だったと思います。

これをみたときに、使ってみたいと思いましたが、彼女とかになると恥ずかしいですよね。やっぱり浮気相手とか不倫相手だと遠慮なく使えるのです。
不倫している女性もそうでしょう。旦那とかでは出来ない体位や大人のおもちゃを存分に使い、ホントの自分をさらけ出せるのですから、不倫は楽しいのだと思います。
そうでなければ、不倫など最初からしないでしょう。

そんな道具を兼ね揃えたイケメン不倫相手に屈した奥様は多いと思います。

旦那とのセックスとは違い、自分を気持ちよくさせるためのアイテムをふんだんに使い、得たことがないようなテクニックを駆使してくれる不倫相手は、まるで自分を別の世界へ連れて行ってくれる王子様に見えることでしょう。

それにプラスアルファでプレゼントを貰えたらもっと最高ですね。

不倫で一躍有名になった女性達

元モーニング娘の矢口真里

一躍有名になったのは元モーニング娘の矢口真里さんですね。

当然メディアやマスコミ関係者はこぞって取材し、取り上げられたのですが、本人から特に記者会見等はなく、もうそろそろ、一年くらい前の話になりましたでしょうか。
何が真実で何が嘘なのか分かりませんが、雑誌による詳細な内容はかなりシビアな報道内容が多かった気がします。
ヤグる
旦那さんの仕事がキャンセルになり、帰宅すると自宅の玄関に見知らぬ男性の靴があり、部屋のベッドでバックから挿入していたと雑誌で書かれていた覚えがあります。これがもし、真実であれば、旦那さんからすれば相当の悪夢に違いありません。

もし、自分の身に起こったとなると怒りが止まりませんね。

女優の真木よう子

そして、最近取り上げられたのは女優の真木よう子さんの不倫でしょうか。

詳しい報道はされていませんが、不倫した事は確かであり、不倫相手は既に離婚手続き中とのことですからね。そういった立て続けに有名芸能人の不倫が世に出てしまい、トピックになってしまったのですが、アメリカでも有名なセレブや、大女優のセックススキャンダルがバレる事は日常茶飯事なのです。共通点は、役を貰い、相手がかっこよく見えてしまうという事でしょうか。

確かに、タレントの恋愛は大抵映画の撮影した時に知り合い、お付き合いに発展したりする事が多いですからね。役に入り込むことが多いからこそ、浮気相手や不倫相手がより、かっこよく見えるかもしれません。そして大抵結婚した夫も普段のさらけ出した自分ではなく、役に入り込んだ夫なのですから、本性を見極めるのが難しいかもしれませんね。女性が社会進出をし、権力を持つと誘惑が多くなる良い事例かもしれません。

世の中の女性がオス化しているのかもしれない

まあ女性に関わらず男性も、権力を持つと色々な女性に手を出しますからね。権力や、お金があれば理想を求めるという事になるのかもしれません。

いわゆる女性のオス化と言っても良いと思います。

確かに取り上げられる有名タレントはみんな女性が有名な方で、男性はそこまで名が通っていない人が多いですね。自分に釣り合った男性だと不倫はなかったのかもしれません。女性の不倫を防ぐためには男性が色々とその女性に勝るステータスを持つことが重要になるかもしれませんね。

あるハリウッドの有名女優の言葉で

「男性はワタシにとってジュエリーのようなもの。より良いステータスを持った男性と付き合う事はよりワタシを輝かせてくれるのよ。」

っと言った言葉が胸に刺さりますね。つまり、不倫されたくなかったら、自分磨きを怠らず、もっとワタシに相応しい男になりなさいと暗に警告しているのですからね。

世の中の男性は、社会進出を果たし、成功した女性よりも、成功していない女性の方が、不倫される確率も少ないかも知れません。

一般女性の不倫動機について

日本人男性はセックスレスに注意

一般女性の不倫動機はもっと奥が深いものかもしれません。
一番気を付けなければいけないのは、何といってもセックスレスでしょう。

セックスレス
日本人のセックス頻度は世界でみるととても少ない方に入ります。
体の相性と結びつきは大変重要なことですからね。特に日本のサラリーマンは休みが少なく、長時間労働は当たり前です。そんな状況でのセックスは難しいかも知れません。そして、マンネリ化してしまう事も挙げられます。セックスに掛ける時間も極端に少ないからです。

不思議な事に付き合いたては細かい愛撫や、優しいセックスに終始しますが、いざ夫婦になると単発、短時間ですませ、更に夫が先にいってしまい、奥様がいかないでセックスが終わってしまう傾向が多いようです。そうなると不倫相手にそういった不満な部分である性欲を求める事になりますよね。昔のように性にオープンな時代になったからこそ出てくる悩みかもしれません。

そういう理由からか、不倫する奥様がよく言うテンプレート的な言い訳にあるのは
「心はあなたにしかないの。相手とは遊びのつもりだったの。」
っていう言葉です。

不倫は甘い蜜のようなもの

浮気が動機でない離婚理由には性格の不一致がダントツで多いのですが、不倫した奥様で、離婚したくない理由には夫の性格には満足だけど、セックスに対して不満だという人が多いかも知れません。

それが一時の気の迷い。セックスに不満であれば、大人のおもちゃで我慢するから、離婚だけはしたくないという思いがあるかもしれません。

しかし、不倫は甘い蜜のようなもの。一度味わったら、なかなか抜け出せないし、そもそも不倫が夫にバレた時点で復縁しても信用はなかなか取り戻せないかもしれません。

正当化しようとする女

不倫が旦那に発覚しても自分を正当化して女は悪くないと主張することが多い傾向にあることが判明しました。

不倫発覚

旦那がかまってくれないから自分は寂しくなって他の男に寂しさを埋めてもらっていたという意味不明な言動をよくするそうで、正当化することによって自身は悪くないと思いこむのだそうです。

その考えなら旦那も寂しくなったら他の女と体の関係をもってもいいのではないかと思うかもしれませんが、女性はそれを許しません。

女は寂しかったら他の男とセックスをしてもいいけど男は不倫に該当するからもし浮気したら慰謝料を請求するといった支離滅裂なことが実際に起こっていることも現状なのです。

そんなことが本当にあるのかと思われるかもしれませんが、意外にも多いことが判明しており女性は自分さえよければいいと思う傾向にあるのだそうです。。

旦那がそこで強く言えばいいのですが、気の弱い男性は丸め込まれたりするので泣き寝入りしてしまうことがあります。

不倫する男女

それでは女性が増々調子にのってしまうので、寂しかったら他の男に股を開くのか?それだったら離婚するとはっきりと言うことが大事です。

もう二度としないと言われても今やったことが問題であることを強く主張して相手のペースに惑わされないようにするべきだと考えております。

女性は不倫が発覚してしまったら自分を正当化するということを把握していただきたいと思いますし、まだ未婚の男性はこういった女性に引っかからないように見極めることが大事であることを認識していただきたいと思います。

見極めると言ってもほとんどの女性が不倫を考えてしまうので、難しいですがお付き合いをした時に浮気が発覚したらどんな理由であっても離婚と慰謝料を請求するといったことを伝えることが大事だと考えております。

約束ととりつけることによって問題が起きなくなると思っています。

時代と共に変わる女性の貞操観念

ワタシが考える不倫する女性の増加原因として、それぞれの時代の考え方によって変わってくるものだと考えています。例えば、世の中が多夫多妻制になった場合、不倫といえる概念は完璧に消えてしまいますよね。

新しい法律ができて認められれば何年かした後には不倫は当たり前で、普通の事になっているかもしれません。あの慎ましいナデシコのような日本人女性はもう過去の産物となってしまいますが、そういう時代になれば不倫という言葉自体も消えてしましますね。

明治時代に作られたナデシコという日本人の象徴たる女性が消えてしまうのは寂しい気がしますが、所詮人間は男も女も欲望という本能は変わらないのですからね。本能はより気持ちが良いセックスを求めてしまうのです。

しかし、それを制止するのが、理性の部分です。それが構築されるのはどうしても教育や情報ということになりますね。今の時代は様々な情報が交錯していて大和撫子のような芯のある女性になるのは難しい時代なのかもしれません。なぜならば、男女平等の社会になり、女性も不倫という欲望を得る権利があるのですからね。

当サイトでは、そんな美人奥様が不倫の欲望に負けてしまい、自ら気持ちよく腰を振りまくっている動画をアップしています。

人妻や熟女好き、そして不倫願望のある女性の方もぜひ一度見てください。

HOMEへ戻る

公開日:
最終更新日:2015/10/14