無料セックス動画

無料セックス動画は、X-VIDEOS,FC2動画など、厳選した最高にエッチな美女たちのセックス動画を無料ですべてご覧いただけます。

オナニーの危険性を熟知するのだ

テクノブレイクは誰にでも起こる可能性がある

一時期ニュースでも取り上げられたがテクノブレイクという恐ろしい症状を聞いたことはないでしょうか?

テクノブレイクという言葉を聞きなれない人の方が多いかもしれませんが、いわゆる「オナニー死」とも言われており、発症を抑えるためには過剰なオナニーをやめる必要があります。

なぜ、過剰なオナニーをやめる必要があるのか、そこには性ホルモンが大きく関わっていて、この性ホルモンの過剰分泌が命を脅かす原因となってしまうからです。

発症したら手遅れ

テクノブレイクの恐ろしさは発症してしまうと死に至る確率が非常に高いことが特徴です。

もし万が一助かったとしても、脳へのダメージが多いため半身不随や言語障害などの症状が残ってしまうリスクがあるのだそうです。

近年テクノブレイクによる若者の被害が問題視されていて、インターネットの普及が関わっているのが明らかで、手軽にアダルト動画やエロ画像などの過激なものを観ることができようになったため、それが原因で過剰なオナニーをしてしまうのではないかと言われています。

過剰なオナニーの回数とは1日に10回以上やることを指しており、普通の人なら1日1回か週に1回程度の回数だと考えていますが、10回以上の回数はやろうとも思わないはずです。

テクノブレイクによる被害がこれ以上増加しないようにここで注意喚起するとともに、テクノブレイクについて事例も踏まえて考察してみましょう。

目次

➀ テクノブレイクを発症してしまった男
 -1 オナニー1回で100m走
 -2 後遺症が恐い
➁ テクノブレイクはセックスでも起こる
 -1 セックスの方が危険?
 -2 我慢できなかったらソープに行く
➂ 女はなぜテクノブレイクがないのか
 -1 永遠に続くオナニー
➃ オナニーによって人格が変わる
 -1 オナニーの寸止め禁止
 -2 床オナの危険性を熟知すること
 -3 皮オナのやりすぎはダメ
 -4 アナルオナニーが人気がでている
最後に:テクノブレイクに興味をもったかな?

テクノブレイクを発症してしまった男

約4年前の事例ではありますが、宮城県在住のある男子高校生がテクノブレイクによって死亡するいう事件がありました。

この話題はニュースでも取り上げられたほどで、この高校生はなんと1日に40回以上も自慰行為(オナニー)をしていたそうです。

40回以上のオナニーと聞いても現実味がないかもしれませんが実際に起こったことなので、世の中には10回以上のオナニーをしている人達は結構いるのではないかと思っています。

この高校生はアダルト動画を閲覧しながら一晩で42回も射精を行っていたことが、ティッシュの数から判明しており、父親が発見した頃にはチンコを片手に持って倒れていたそうです。

この話題がメディアでにでてから、テクノブレイクという言葉が若者の間で流行し、オナニーのやり過ぎは危険だということが知れ渡りましたがメディアで報道されたのはわずかな間であったため、しばらく時が経つと危険性の認識が薄れてしまい、テクノブレイクによる被害はこれ以降増え続けているそうです。

この高校生もまさかオナニーで死亡するとは思ってもいなかったでしょうが、せめて回数さえ減らしてくれれば命に関わることはなかったかも知れないのに大変残念です。

オナニー1回で100m走

そもそも、なんでテクノブレイクで死に至るのかその原因をお教えしましょう。

まずオナニーのことからお伝えすると、1回のオナニーは100mを全力疾走しているぐらいの負担を心臓にかけていると言われており、1日で行うオナニーの回数が多いほど、心臓への負担が凄まじいものであり10回のオナニーで1kmを全力疾走している計算になるのです。

また、オナニーによって脳内から興奮作用を催す物質が大量に分泌され、これも心臓に負担を与えるのだそうで、性ホルモンが過剰分泌される影響により心肺停止に繋がるそうです。

この情報を初めて知った方はオナニーに恐怖を覚えただろうが、オナニーの回数さえ気を付けてさえいればテクノブレイクは発症しませんので、安心してオナニーライフを楽しみましょう。

心臓に負担をかけすぎると心臓麻痺の危険が高くなり、高確率で死にいたりますのでオナニー回数が比較的多い方は回数表を付けた方がいいかもしれません。

自分が今何回目のオナニーをしているのか把握することが大事で、昨日は3回やったから今日は2回にしようなど心臓のリラックスタイムを設けることが必要と考えます。

オナニーを42回も行った高校生は1晩で4.2kmの距離を全力疾走した計算になるので、心臓に負担がかかり過ぎて停止してしまうことは当然のことだったということです。

しかも身内に恥ずかしい姿をした状態で発見される状態になるため、絶対に発症したくない症状の1つですね。

後遺症が恐い

テクノブレイクを発症してしまうと必ず死に至るというわけではないことは冒頭でお伝えしましたが、たとえ助かったとしても後遺症が高確率で残ります。

実は心臓以外にも脳への影響があるそうで、脳からの電気信号が正常に稼働しない影響で半身不随になったり言語障害になる可能性があるのだそうです。

実際にこの症状になった人がいて、世界で一番有名なオナホールであるTENGAを使用して自宅でオナニーをしていましたが、絶頂に達した際に「ぶちっ」という音が頭の中で響きわたり、そのまま倒れこんだそうです。

意識ははっきりしていたそうなんですが、左半身が全く動かず、家族を呼ぶために声を出しても意図した言葉がでてこず意味のわからない言語を喋ったりしたそうです。

結局右半身で地面を這いつくばって下半身裸のままリビングへ向かい助けを求め、救急車で運ばれたそうなのですが病院のお医者さんにとんでもないことを言い渡されたそうです。

そのお医者さんが言い渡したのは、半身不随は治らない可能性があるということで、言語障害は特が経つにつれて治る可能性があるということでした。言語障害については一瞬時が経つにつれて治るものだと思っていましたが、あくまで可能性であるわけで確実に治るというわけではないことを認識しておかなければなりません。

半身不随に関しては、ほぼ治らないそうなので諦めるしかないでしょう。

このように、テクノブレイクによる死のリスクから助かったとしても、恐ろしい後遺症が残ってしまうのでオナニーをするときは慎重に行動しましょう。

慎重に行動することでテクノブレイク発症のリスクは低くなりますので、周りの友人にも助言してあげましょう。

テクノブレイクはセックスでも起こる

実はセックスのやりすぎでもテクノブレイクが起こることは知っていましたでしょうか?

ここまで読んでいただいた方はすでにお気付きかもしれませんが、オナニーでテクノブレイクするならセックスでもテクノブレイクが発症するのは当然のことでしょう。

ただセックスで発症するとテクノブレイクという言葉ではなく、腹上死という言葉が良く使われています。なぜそう呼ばれているかは言葉そのままの意味でわかるように、正常位で発症すると倒れた際に女性のお腹の上に倒れこむからです。

じゃあ、体位のバックで発症すると背上死というのかというと、その言葉はありません。恐らく、正常位で行為を行っているときに発症したのが多数におよんだことからそう名付けられたのでしょう。

ここでは腹上死=テクノブレイクとして扱っていきたいと思います。
セックス中にテクノブレイクが発症するとか男のロマンに該当すると思いませんか?オナニーで発症してチンコを握りながらよりも、女性とのセックスでテクノブレイクした方がカッコいいと思うのは男の性でしょう。

もし死を迎えるなら、セックス中のテクノブレイクを望みたいですが、テクノブレイクされた女性はたまったもんじゃありません。女性に迷惑がかかってしまうので、セックスもやり過ぎないことを意識していかなければなりません。

オナニー10回以上で性ホルモンが過剰分泌され心臓に負担がかかるので、セックスも同様に10回以上のセックスは避けなければなりません。
セックスの10回とオナニーの10回は質が違うかもしれませんが、どっちにしろ慎重に行動することが大事ですので認識しておきましょう。

セックスの方が危険?

テクノブレイクはオナニーによるものの認識が強いかもしれませんが、SEXによるテクノブレイクのほうが発症頻度が高いとされています。どちらも一緒だと感じる人が多いでしょうが、確かに絶頂に達し精子を放出する時は一緒かもしれませんが、興奮の度合いは天と地の差なのです。

よくSEXをされる方なら馴れているので問題はありませんが、性行為の経験があまりない、または全くない人ならテクノブレイクの発症率が大幅に上がります。なぜそうなるかと説明しますと、SEX中に分泌される性ホルモンが、SEXを沢山経験されている人の約10倍の量が分泌されているのだそうです。

そのため興奮作用が持続して、1回のセックスでは飽き足らなくなってしまいます。興奮度が異常に高い状態で複数回セックスを行ってしまうため、性行為中にテクノブレイクを発症してしまう男性が後を絶たないそうです。

なので、あまりSEXされた経験がない人は、たとえ欲情しても回数を意識しながら行動に移りましょう。

テクノブレイクによる被害を未然に防ぐためにも重要なことです。
セックスをする機会がないのであれば、大人しくオナニーを楽しんでいきましょう。

我慢できなかったらソープに行く

もしオナニーだけじゃ我慢できないとおっしゃるなら、ソープランドなどの風俗にいくことをオススメします。
特にソープランドは本番ができる風俗店なので疑似彼女を体験することができます。

おみくじのように当たり外れがありますが、もし当たりを引いたなら至福の時があなたを待っているでしょう。
また、風俗にはさらなる利点があり、それは時間制限が設けられていることです。

時間制限を設けられていることで、複数回セックスを行うことが困難なため、テクノブレイクを発症することは低いと考えられます。

地域にもよりますが大体の相場が2万円から5万円で1時間のため、1時間で10回もセックスを行うことは相当な早漏でもない限り無理な話です。

ここで早漏の話がでてきましたが、早漏の人がテクノブレイクを発症する危険性が一番高く、遅漏の人は低い傾向にあります。
早漏の人は敏感かつ性ホルモンの分泌が高く、セックスまたはオナニーですぐ絶頂に達してしまう人は気を付けなければなりません。

ソープランドで性行為を行う際は3回以下に抑えるよう意識して行動しましょう。

女はなぜテクノブレイクがないのか

女性にはテクノブレイクがないことをご存知でしたか?

テクノブレイクを今回で知った方は当然知らないと思いますが、女性は複数絶頂を経験してもテクノブレイクは発生しないのです。
なぜ女子はテクノブレイクを発症しないのか、それはある秘密がありました。

そもそも男女の間では身体の構造が違うのですが、女性には生命を宿すことが可能で出産の際に激痛を伴いながら出産をしますが、この激痛が鼻からスイカを出すぐらいの痛さと例えられるぐらいで、男だとあまりにも痛さに気絶するかもしくは死に至るとさえ言われています。

女性は表面は弱く言えますが、内面は男性よりもはるかに強いため、想像を絶する痛みにも耐えることが可能です。また、女性も興奮すると性ホルモンが分泌されますが、過剰には分泌されず、心臓にもそれほど負担はかからないそうです。

そのため、女性はオナニーを複数回行ってもテクノブレイクの心配はなく、もちろんセックスにおいても何回絶頂に達してもテクノブレイクが発症することはないのです。しかし、テクノブレイクの心配はありませんが、感じすぎて気絶することはあります。

永遠に続くオナニー

女性は性欲をあまり表に出さないほうで、性に興味がない素振りをみせても自宅ではきっちりオナニーをしています。
女性のオナニーの仕方には色々ありまして、手でやるのが一般的ですが、電子機器を使うものや文房具を使用する人も中にはいて、性欲がかなり強いと言われています。

この性欲は年齢と共に強くなってくるので、30代の女性が性欲が強いと言われるのはこのためです。女性にとってオナニーは性欲を解消するためになくてはならないもので、テクノブレイクの心配もないため永遠にオナニーを楽しむことが可能なのです。

テクノブレイクのリスクがある男性とテクノブレイクのない女性で比べると女性は何て卑怯なんだと思ってしまうのも無理もありません。

オナニーによって人格が変わる

オナニーを行うことで人格が変わってしまうことがあることを理解していただきたいのですが、なぜそのような現象が起こるのか説明いたしましょう。

テクノブレイクにも関わりがあることなのですが、男性が極限まで快感を維持し続けると脳内から興奮物質が過剰に分泌されてしまって感度がもの凄く高くなってしまうことが判明しています。

この感度が高い状態でオナニーを継続してしまうと脳の一部に異常がでてきてしまい人格に影響を及ぼすのだそうです。

そのようなことが実際にあり得るのか気になると思いますが、テクノブレイク寸前まで行く恐れもあり実験は大変危険なものであるため絶対に試そうとは思わないでください。

人格がいい方向に変われば問題はないのですが、悪い方向にいってしまうと人生に関わる事態にまで発展してしまうため、オナニーの仕方を改めなくてはいけないと考えております。

オナニーの寸止め禁止

オナニーを行う時にイキそうなったら寸止めをする男性が多いと感じており、この行為が大変危険であることを認識しなければなりません。

絶頂を迎えそうなギリギリのラインで寸止めして暫く経ってからオナニーを開始するを繰り返してしまうとテクノブレイクを引き起こしてしまう要因ともなります。

寸止めは快感を持続させることができるので一度体験してしまったら病みつきになる気持ちは重々承知していますが、自分の命に関わることに繋がってしまうため、早急な改善が必要と考えます。

女性はテクノブレイクがないため寸止めは有効な手段として使えますが、男性に関しては快感を持続させてしまうとリスクを伴ってきますので絶頂を迎えそうな時には我慢せずに射精を行うことを推奨します。

オナニーは命がけであることを再認識することが重要だと考えております。

床オナの危険性を熟知すること

これもテクノブレイクに関わることですが、床オナは極力行わないようにするべきだと思っています。

そもそも床オナ自体がどういうオナニーなのかを把握していない人が多いかもしれませんので説明させていただくと地面に男性器を擦りつけてナニーをするやり方です。

実際に女性とセックスをしていると過程してオナニーをする方法ですが、手でやるオナニーよりも気持ちがいいことから病みつきになる男性が多く、床オナでなければオナニーとは言えないと豪語する人まで現れる始末です。

しかし、いくら気持ちが良いといってもこの行動には大きな問題があり、床オナだと快感が強すぎて実際に女性とセックスをした際にイけなくなる可能性が高くなるのです。

セックスでイケないとなると死活問題になってしまいますが、床オナの気持ち良さに慣れてしまってからではもう遅いのです。

女性とのセックスでイケないとなると人間の本能である子作りができなくなる可能性も出てきてしまうので床オナの危険性が理解できたかと思います。

話がそれてしまいましたがテクノブレイクに関わる床オナの危険性を皆さんにお伝えさせていただきます。

床オナがオナニーの中で一番快感を感じることのできる方法であることは理解できたかと思いますが、一番快感を得ることができるからこそテクノブレイクの危険性が高まってしまうのです。

床オナをしてテクノブレイクをした男性は今のところ一人だけですが、これからも増加する可能性は十分にありますので皆さんは床オナだけはやらないように理解して正しいオナニーを心がけましょう。

オナニーの仕方によってテクノブレイクの危険性が高まることを理解できたかと思います!

皮オナのやりすぎはダメ

男性の皆さん限定なのですが、よくオナニーをする時は手でされているとは思いますが皮を使ってしごいていないでしょうか。

皮を小さい頃に切除している人なら問題はないのですが、真性包茎や仮性包茎の人は皮を使ってオナニーすることに快感を覚えることが多いです。

皮オナと呼ばれる行為なのですが、この行為を行うことによって男性器に支障がでる恐れがあるのです。

まずは皮が伸びてしまうことが挙げられますが、真性包茎の男性はもう既に皮は被っているので問題ないと思われがちでるがビロビロが伸びてしまいみすぼらしい姿になってしまいます。

仮性包茎であれば真性包茎になってしまう恐れがあり、これは致命的になるかと思っていてチンカスなどが溜まってしまい炎症を起こす可能性もあるのです。

決して真性包茎をディスるわけではないのですが、もし真性なら早めに手術を行って皮の切除を行うことをお勧めします。

話がそれてしまいましたが、皮オナの恐ろしさは他にもあり女性とのセックスでイケなくなることがあります。

これは床オナと同じ症状なのですが、皮でオナニーをする快感が女性とのセックスで得る快感より増してしまうので本番で男性器が萎んでしまう可能性があるのです。

この事実を知った男性は驚かれたと思いますが、皮を使ってやるのを止めればいいだけなので、やり方としては男性器を手の平の全体で掴み上下に優しくしごく方法が一番良いです。

そうすると気持ち良くならないじゃんと言う人もいるかもしれませんが、慣れてくるとゆっくりした動きでも快感を得ることができるので辛抱強く行為を行うことが大事であると認識しましょう。

オナニーの方法次第で大きく変わってきますので皆さんもやり方について勉強していきましょう。

アナルオナニーが人気がでている

アナルを使用してオナニーをする男性が最近増えてきているという情報をゲットしたのですが、女性ではなく男性に増えているのだそうです。

肛門で一体どういったオナニーをしているのか気になっている人がいるかもしれませんが、男性専用のグッズがあることはご存知でしたでしょうか。

アナル専用のディルドが存在しており、もともとはゲイのために作られたようなものなのですが、アナルによる快感に目覚めた男性が購入するようになってアナオナをしていることが判明したのです。

ディルドをアナルに挿入して出し入れすることによって通常では得られないような快感を得ることは間違いなく、まだ経験されていない男性は一度アナルでオナニーを試してみてはいかがでしょうか。

自分でやるのが怖い人は慣れさせるためにも風俗などに出向いて嬢のテクニックで肛門責めを経験されてみるもの面白いかもしれません。

オナニーの種類の中にこれを入れていいのか悩みましたが、最近人気が出てきている行為との情報をゲットしたので皆さんにもお伝えさせていただきたいと考えました。

しかし、もちろんリスクが伴うことを認識しなければならないのですが、アナルでオナニーをやりすぎると大便が漏れてしまう恐れがあるのです。

また、過激な行為によってビー玉が穴の中から出なくなって病院で取ってもらったという恥ずかしい出来事もあったりしています。

それでも快感を得たいと考えるのであれば止めることはしませんので、十分にアナルオナニーをお楽しみいただくことをお勧めします。

今までにない快感を得ることは間違いないので、色んな道具を試して自分に合ったものを探してみてはいかがでしょうか。

テクノブレイクに興味をもったかな?

テクノブレイクについて色々と語らせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

オナニー1回に対して心臓にかかる負担が、100mを全速力で走るほどの負担がかかると知った時は驚きを隠せなかったことでしょう。オナニーに限らず、セックスにおいてもテクノブレイクが発症する可能性がありますので、今回を機に意識しながら行動することを心がけましょう。

それでは、テクノブレイクについてはここまでとして、次回はもっとマニアックなことを書かせていただきたいと思っています。

— END —

HOMEへ戻る

公開日:
最終更新日:2015/10/14