無料セックス動画

無料セックス動画は、X-VIDEOS,FC2動画など、厳選した最高にエッチな美女たちのセックス動画を無料ですべてご覧いただけます。

痴漢が人気なのはなぜなのか?

男はスリルを求めている

電車やバスに乗っていると痴漢(ちかん)してみたいと一度は考えたことがありませんか?

もし痴漢行為を実行して発覚されたら社会的に抹殺されることは確実なのに、被害は減るどころか増えていく一方です。

なぜ痴漢行為を行う人が減らないのか、それはこのハイリスクハイリターンな行為にスリルを求めているからなのです。

痴漢行為は犯罪です

当たり前ですが、痴漢行為は犯罪となります。
もし手を掴まれて「この人痴漢です!」と叫ばれたらほぼ詰みでしょう。
しかし、男の欲望は危険をかえりみずに突っ走ってしまう傾向にあるため、目の前にナイスバディな女性がいたら理性を保てなくなることは致しかたないことなのだと思う。

捕まったら一発アウトなのだけに理性を保とうと必死な人もいるので、強靭な精神力が必要となる。理性を保てる男性は実際に行動を起こすわけではなく、痴漢系のアダルト動画を観て疑似体験を行い、性欲を解消させるといった感じで精神を保っていますね。

アダルト動画で痴漢のジャンルが人気なのもこれが主な原因でしょう。

それでは、痴漢について色々と語っていきましょう。

目次

➀ 痴漢をしてしまう心理
-1 前戯がとても大事
-2 痴漢ヘルスに行くべし
-3 動画を観るべし
➁ 痴漢と間違えられる危険
-1 始めに取るべき行動
-2 第2の回避方法
-3 最終手段
➂ 痴漢が多い場所
-1 穴場スポット
-2 注意事項
➃ 痴漢されやすい人
-1 制服が一番の原因
-2 清楚系の女性が狙われる
まとめ:痴漢行為を振り返ってみて

痴漢をしてしまう心理

冒頭で伝えたように、痴漢をしてしまう主な要因は「スリル」を求めているからです。このハイリスクハイリターンの行為に興奮作用が爆発的に引き起こされ、自身が得る快感が数十倍になるのだそうです。

痴漢にあまり興味を持たない人なら理解できないかもしれませんが、痴漢行為にしか興奮しない人もいるのだとか。女性の背後に回って服の上からお尻や胸を撫で回したり、スカートの中に手を突っ込んで直接身体を触るなど色々な手段を用いて痴漢行為を行っています。

被害者の女性の気持ちを考えない卑劣な行為なのですが、たまに反応を見せる女性も現れてくるのだそうだ。痴漢行為に感じてしまって喘ぎ声を漏らしてしまう女性がいるらしく、その反応が痴漢行為を加速させ、どうやれば女性は反応してくれるのかの興味が出てくるのです。
女性のどこを触れば良い反応をするか探りに探っていくそうなんですが、一歩間違ってしまうとおしまいです。

前戯もせずにいきなり女性の性器を触ってしまうと、女性が冷静さを取り戻してしまい、手を掴まれて「痴漢です!」と言われる危険性があります。

前戯がとても大事

前戯

そのため、前戯はとても大事なことで、まずは腰回りから責めて徐々に下へとソフトタッチしていき、足の太ももまで到達したら、お尻を揉みほぐします。お尻の揉みほぐしが終わったら、オマンコへのソフトタッチです。

もちろん直接触れるのではなく、パンツ越しにソフトタッチすることが重要です。ここで気を付けてほしいことが強く触れないこと!強くタッチしてしまうと痛みを伴って冷静さを取り戻してしまう恐れがあるからです。なのでソフトタッチが重要で、焦らしを行うことにより女性自身の快感に繋がるのです。

暫くすると反応がでてきます。息づかいが荒くなり口を手で覆うようになるので、この反応が見られたらオマンコやお尻を直接触ります。すると女性の口から何かしらの反応ができます。そうなるとずっとこちらのターンになり好き放題に弄りまくることが可能となるのです。

でも女性に集中しすぎて大きな行動をとってしまうと周りに気付かれて御用となる可能性もありますので、気を付けてください。まあ、第三者に見つかってしまうというスリルと女性に叫ばれるというスリルが入り混じって興奮が絶頂に達しているので周りを気にしろというのは訓練していないと至難の業でしょう。

1度でも痴漢行為に成功してしまうとまたやりたくなる衝動に駆られます。スリルを求めて、また電車やバスに乗車し痴漢行為におよんでしまいます。こうなってしまうと捕まってしまうまでに治る可能性は皆無であるため、対処の施しようがありません。

痴漢を一度でも行ってしまったら、その中毒性に侵されてしまい一生治らないと認識しなければなりません。しかし、一生治らないと豪語してしまいましたが実はある対策があります。

痴漢ヘルスに行くべし

ヘルス

それは痴漢ヘルスに行くことだ。

痴漢願望のある男性向けに部屋のセットを電車やバスの作りにし、ミニスカートを履いた女性を吊り輪に捕まらせ痴漢の疑似体験をできるという画期的なシステムだ。シチュエーションや演技がしっかりしているので、実際に痴漢を行っている感覚にしてくれて「スリル」を味わうことができる。

ここに通いつめることにより、己の欲求を存分に発散することが可能であるため犯罪の減少に繋がると思っている。残念ながらこのシステムを提供している店は都内とその周辺にしかないので、全国まで展開していない。

風営法や恐い人達も関わってくるだろうから、そう簡単に店舗の数を増やすことができないのであろうと考えている。だが、もしこのヘルスが広まれば痴漢は激減することは明白なので、全国に展開することを祈っている。

動画を観るべし

チカン

痴漢ヘルスが普及するまでの繋ぎとして、痴漢衝動を抑えるとされているものがエロ動画だ。

セックス動画ともいうが、痴漢系のジャンルが豊富にあるので自分に合った好みのシチュエーションを観ることができる。

痴漢行為を映像で観て、妄想を膨らませ、自分のナニをしごいて性欲を発散することによって痴漢衝動が抑えられる。

抑えられると言っても一時的なもので、次の日には衝動に駆られる可能性もあります。

一時的でも衝動が抑えられればいいと考えるので、思う存分観てしごけばいいと思っています。

痴漢行為の内容などを語らせていただきましたが、痴漢を実際にやるのは犯罪にあたりますので、くれぐれも実行されないようお願いします。

痴漢をしてしまいそうになったら、痴漢ヘルスに行くか痴漢系の動画を観るなりして性欲を抑える努力をしましょう。

痴漢と間違えられる危険

皆さんは電車やバスに乗った時はどのようなことに気を付けていますか?
車内が満員の時にもっとも気を付けなければならないことが、痴漢と間違えられることです。映画でも取り上げられた痴漢冤罪のリスクを認識していないと、人生が絶望の淵に立たされる可能性が大いにあるのです。

よく話に聞くのが満員電車内で起こる痴漢冤罪ですよね。

やってもいないのに女性に手を掴まれ「この人痴漢です」と周りの注目を浴びて精神的ダメージを受けるほか、警察に突き出されて法的処置を受け社会的に抹殺されるなど悲惨なことが起こります。残念なことにその場で「俺はやっていない」と否定しても物理的証拠がないため証明ができず、さらに被害者の女性の証言が優先されるため、いくら否定しても意味がありません。

日本の法律にも問題がありますが、女性が優遇される時代ですから弁明の余地はなく、泣く泣く留置場へ入れられるはめになってします。

始めに取るべき行動

それでも僕はやっていない

示談が成立すればすぐでることは可能なのですが、捕まった経歴は消すことができないので出たとしても社会に復帰できない可能性もあるわけです。じゃあ、どうやって痴漢冤罪を回避すればいいのかといいますと、まずは手を下にしないことです。

手を下にすると女性のお尻を触っていないという証明ができないため手は上にあげる必要があります。

鞄を持ちながら手を上にあげることによって、痴漢ができない状況を作り上げるのです。

これだけでも効果は絶大なのですが、痴漢は手以外に足でもできるので必ず痴漢冤罪を回避する方法とはいえません。

もし、手をあげている状態で痴漢を疑われたら、まずは否定して次の駅で降りて話をしましょうと冷静に対処しましょう。

第2の回避方法

告訴

電車から降りたら、被害者面している女性の他に正義感ぶった男性が降りてくるかもしれないので、気にせずに自分がやっていないし手も上げていたと弁明してください。それでも納得しない場合は「名誉毀損で告訴します」と伝えることが重要です。名誉棄損で訴えると言われてもどういう処罰が行われるか分かっている人は少ないと思うので、詳しく説明することが重要です。

ちなみに、名誉棄損は刑法で「3年以下の懲役もしくは禁固、または50万円以下の罰金」と定められているので、そのことを伝えると大抵の女性は引き下がると思います。自分の勘違いだったら刑務所に入れられるかもしれないという恐怖感をあおることが目的ですね。

しかし、それでも引き下がらない自意識過剰女もいて、かたくなに痴漢扱いされることがあります。その場合の対処は1つしかありません。

最終手段

全速力

その方法とは「逃げる」ことです。変な正義感を持った男性や駅員に追いかけられて捕まるリスクもありますが、全速力で逃げてください。逃げる前にお金を準備しておく必要もありますので、認識しておきましょう。

準備ができたら全速力で改札に向かい改札をでるタイミングで駅員に向かってお金を投げ渡しましょう。SUICAやPASMOなどの電子マネーはすぐには改札が開かないので使用は避けた方がいいです。うまく逃げられることができたら、あなたの勝ちです。余裕を持って帰宅しましょう。

ここで何で逃げるのかと疑問に思った人がいるかもしれないので説明しますと、女性が自分の言い分に食い下がらない時に必ず駅事務所に連れていかれます。この駅事務所の中に入ってしまうと最後です。

駅事務所でいくら弁明しても、駅員は警察を呼ばないといけないルールとなっているので結局捕まってしまいます。よく自分の名刺を渡して身分を証明し、その場を立ち去るという方法があげられていますが、これはあまり効果がないと言われています。

なので、全速力で逃げる!これが一番いい選択しなのです。でも、逃げると後々捕まらないか?という疑問も生まれてくるかもしれないが、痴漢は現行犯逮捕でしか取り締まることができないため、翌日見つかったとしても捕まることがないのです。

今まで痴漢冤罪で苦しめられた人達が不憫で仕方がないのですが、この方法さえ知っていれば回避できたのかもしれませんね。この方法を利用して痴漢冤罪の危機を脱することができたという事例も多く聞くので、ぜひ頭の片隅にでも入れていただきたいと思う。

罪のない人達が不当に逮捕されるとか世も末だと考えるが、実際の痴漢被害も無くならないのが現状なので改善されるまで時間がかかるかもしれませんね。

痴漢が多い場所

痴漢被害が多い場所は皆さんはどこだと思いますか?
恐らく電車が多くあげられると思いますがその認識であっています。
痴漢の約75%が電車内と駅構内で占めていると統計がでていて、他には道路や飲食店や映画館や公衆便所とのこと。

穴場スポット

その中で映画館に注目したいのだが、たしかに映画館が上映している時は部屋を暗くしますので痴漢をしやすい環境になると思われますが、1人で映画を観にくる女性は滅多にいないと考えるので、グループの女性に対し痴漢行為を行っていると推測できる。

そうなると相当な技術が必要で、マイスター(職人)なみの技術を要していないと、いとも簡単に警察へ突き出される危険があります。周りが暗いから自分の動きが目立つことは無いと思いますが、痴漢対象が周りの友人に助けを求めるリスクがあるので、そういう行動を取らないようにさせるテクニックが必須スキルです。

これを誤ってしまうと人生が終わってしまいます。
映画の音声と同調して行為を行うことにより、より一層の興奮を味わうことができると共に、痴漢にあっている女性の声もかき消されるのでまさに一石二鳥なのです。行為を楽しんだら、その場から早々に立ち去り余韻を楽しむことこそが玄人のたしなみでしょう。

注意事項

注意

このように痴漢行為にはさまざまな方法があり、痴漢が発生する場所も色々考えられて利用されているんだなとつくづく感心します。

いや、嘘です。痴漢は犯罪なので、くれぐれも実行はしないでくださいね。

女性の皆さんは痴漢が多く発生する場所では警戒するとともに、もし痴漢にあっても痴漢冤罪の可能性も視野に入れて素直に受け入れるなどしていただきたいと思います。

もう一度言います。痴漢は決してやらないでください。
走って逃げても無駄ですよ!

痴漢されやすい人

痴漢されやすい人はどういう人なのか調べてみたところ、大人しそうな女性が被害にあう傾向と見られていましたが、意外にも気の強そうそうな女性が被害にあることも多いそうなのです。

気の強そうな女性だとすぐに手を捕まれて「この人痴漢です!」と叫ばれそうなイメージがありますが、気の強い女性は痴漢をされてしまうと怯えてしまい声も出ないほど抵抗できないそうです。

気の強い女性

逆に大人しいイメージを持つ女性は勇気を振り絞って痴漢を申告することが多い傾向にあり、痴漢をして捕まった人は大抵は大人しめの女性であることが確認できております。

そのため、痴漢をする時には気の強そうな女性がターゲットとして適しているということが分かったかと思いますが、再三言わしていただきますが、痴漢は犯罪ですので絶対にやらないようにお願いいたします。

被害にあった女性に一生消えない心の傷を負わしてしまうことを自覚して、そういった卑劣な行為を行うことは恥ずかしいことであることを認識しなければならないと思います。

しかし、満員電車や満員バスなど人が密集する場所では男性が欲情しても仕方がない環境でもありますので、いかに理性を保てるかが焦点となります。

気の弱い女

理性をコントロールできるようになれば痴漢を行う気になんて決しておこらないことに加えて、リスクを認識できるので事前の回避策を取れることも利点としてあります。

女性の被害をこれ以上増やさないためにも必要なことでもあり、男性自身の考え方や行動次第でどういう方向に動くかが分かってきます。

痴漢を無くすためにも男性と女性がそれぞれ対策を練ることが必要であり、その対策とは意識の改善であると考えております。

痴漢撲滅を目標に皆さんで協力していきましょう!

制服が一番の原因

痴漢被害が一番多いのが女子高生であることが統計が判明していますが、なぜ女子高生の被害が多いのかを考えてみたところ制服に原因があるのではないかと考えました。

男性の皆さんなら言わずとも理解されていたのかもしれませんが、女子高生の制服には他にはない魅力が備わっており、痴漢をしたくなるような形をしているのがいけないのだと思います。

制服の魅力

制服はスカートを必ず履かないといけないため、スカートの中の秘密の花園に興味を抱いてしまうのは男の性であるため制服を改定しない限りは痴漢被害はなくならないとも考えています。

しかし、女子高生の制服を改定してしまうとJKという人気のジャンルが廃れてしまう恐れもあるので悩みどころですが、痴漢のことを考えると変更するしかないのだと思います。

いや、やはり女子高生の制服はそのままにして男性の意識を変えることのほうが最優先として考えてるべきだと思うのですがそれも難しい問題でもあるため結局八方塞がりにならざるを得ないのです。

そこで一つ考えたことが女子高生専用車両を作ればいいと考えており、JKに限らずJSやJCも対象に専用車両を作れば解決するのではないかと思います。

大人の女性は特に専用車両は作らずに若い子専用の車両を作るほうを優先的に考えるべきだと思います。その理由としては痴漢被害が多いのがほとんど若い女性であるためで、大人の女性の被害はあまりないのが現状です。

勘違いブス

いつの世も若い女性が魅力的であるため仕方のないことなのですが、女性専用車両に載っている30代以上の女性を見るとイライラする男性が多いことも確かであり、年齢の高い女性に勘違いをさせないためにも若い子専用の車両の開発が必要であると考えます。

そうすることで痴漢被害は劇的に減ると予想しており、鉄道会社の方々も一度検討されることをお勧めしますね。

しかし、問題もあることは事実で女子高生専用車両を作ってしまうと20代以上の女性たちからのクレームがくることが予想でき、自分達があたかも痴漢にあってしまうという勘違いをした女性が後を絶たないと考えます。

鉄道職員も貴方は痴漢にあわないと思うとは直接言えないと思うので、他に気付かせる手段が必要であるとも考えておりますが、人権侵害だなどと訴えられる可能性も無きにしも非ずなので、現状の女性専用車両のままが最適なのかもしれませんね。

とりあえず、制服が痴漢の原因の1つであることは間違いないと考えております。

清楚系の女性が狙われる

先述では女子高生の制服が1つの痴漢の要因であることは説明しましたが、全てのJKが対象ではないことを認識していただきたいと思います。

痴漢被害が多い女性の特徴を調査してみると清楚系に該当する人の被害が多いことが判明しており、その理由としては抵抗されないイメージを持たれていることが挙げられます。

清楚系

ギャルに関しては痴漢行為をした時に反発される恐れがあるイメージを持たれていることが多く、ギャルの恰好をしていれば痴漢被害は減ることは確実だと考えております。

清楚系の女性が狙われてしまう原因を考えてみたところ、清純そうな雰囲気をかもしだしているので清潔感があり痴漢行為をしようと考えている男性は魅了されてしまい、ついお尻を触ってしまうのだそうです。

女子高生で清楚で美人なら被害にあう確率は非常に高くなりますので、該当する女性は警戒心を一層深める必要があります。

しかし、清楚系の女性は意外にも気の強い人が多く痴漢をされた時に男性の腕を掴み「この人痴漢です!」と勇気ある行動をとることが多いのだそうです。

逆にギャルは痴漢されたら恐怖で何も言えずに身体を触れ続けられることが多く、抵抗もできないので大胆なことをされても文句の一つも言わないのだそうです。

ギャル

このことから男性が持っているイメージとは違うことが判明したのですが、ギャルは見た目で牽制し清楚系は被害には会うが捕まえる度胸があることが分かったのです。

この事実を知ってギャルに興味を持った男性がいるかもしれませんが、痴漢行為は犯罪ですので決して行動に起こさないように心掛けていただきたいです。

女の子の身体に触れたいと思う気持ちは非常によくわかりますが、妄想だけに留まらすことが重要だと考えております。

ちなみに30代以上の女性は清楚系でも痴漢被害にあう確率は非常に低いのでご安心いただきたいと思います。

痴漢行為を振り返ってみて

痴漢について色々と語らせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

痴漢を行う人の目線に立って考察してみたり、問題視されている痴漢冤罪の回避方法についてお伝えしたりしましたが、皆さまのお役に立つ情報がありましたでしょうか。

男なら痴漢系に興味があるのはしかたがないことです。
でも、痴漢を実際に行うのは犯罪なので、冒頭でお伝えした痴漢ヘルスに行かれるか、痴漢系の動画を観てすっきりすることをオススメしますよ。

それでは、今回はここまでとして次回はもっとマニアックなことを書かせていただきたいと考えています。

— END —

HOMEへ戻る

公開日:
最終更新日:2015/10/14